スポンサーリンク

自分のギター歴01~ロックギターから入ってフラメンコに転向するまで

さて何を書こうかと思いましたが、
まずは経歴や今までやってきた活動などを書いていこうと思います。

はっきり申し上げますと、大した経歴ではないし
有名人でもないし誰が読むんだとw
まあ、そこは個人ブログですので、気にせず書いていきますがw
それでも読んでいただけるかたは、ありがとうございます!
しばし、お付き合いください。

スポンサーリンク

最初はロックギターでした

自分は7歳から静岡に住んでいて、14歳のときにギターを始めました。

最初はメタル系のロックギターのコピーをやっていて、
高校時代はバンド活動に明け暮れてました。

高校を出たあとはバンドの連中もバラバラになって、
自分は浪人という名目で家でプラプラしてました。
本心はプロギタリストになりたくて、ギターの練習ばかりしてましたが。

スポンサーリンク

ジャズに傾倒して音楽学校に行きます

その期間に習っていたギターの先生の影響でジャズに傾倒して、
夜間清掃の仕事をしながら東京の音楽専門学校に通いました。
そこではジャズギターの基礎やインプロビゼーション・音楽理論を勉強しました。

東京に家がなかったので、
レッスンを週のうち2日か3日間くらいに固めてもらって、
弟や友人宅を転々としながら通いました。

レッスンが終わると静岡でひたすら掃除の仕事、
また次の週東京、という生活でした。
交通費も新幹線は高いので東海道線で頑張ってました。

今思うと東京に安い部屋を借りてもよかったかな?
と思うんですが、それよりは安くあがったし静岡の人間関係とかもあったので。

スポンサーリンク

フラメンコギターとの出会い

音楽学校に通いはじめたころ、
ロック・ジャズだけでなく世界中の色んな音楽に興味がわき
ワールドミュージック系のCDを買い漁った時期がありました。

その中で最も強烈な印象を持ったのがパコ・デ・ルシアのベスト盤でした。
cafe_taste-img600x534-15112430192vb18128

凄い音を出すし、ジャズよりストレートな音楽性ですごく好みでした。

早速、楽器屋で教則本を購入してフラメンコギターも練習しはじめました。
そしてせっかく東京に行ってるのだからと、

先生についてフラメンコも習うことにしました。19歳のときです。

瀬田彰先生の教則本で独学していたので瀬田先生に習うことになりました。

スポンサーリンク

衝撃のビセンテ・アミーゴ公演

瀬田先生に習い始めてしばらくたったころ、
1992年7月のビセンテ・アミーゴの公演を見に行きました。
それが自分の中で本当に衝撃的で、
もうジャズやロックは辞めて完全にフラメンコに転向しようと思ったキッカケでした。
1993年の3月で音楽学校を修了して、それからはフラメンコ一本です。

スポンサーリンク

学生サークルで伴奏修行

そのあとも東京と静岡をいったり来たりしていて、

瀬田先生に習いながら学生フラメンコのサークルに出入りして伴奏を勉強しました。
学園祭やイベントに呼ばれて演奏する事が多く舞台経験を積めたのが良かったです。
3年くらい続けました。

複数の大学に関わっているとイベントの回数が多く、
ギャラが出ることも多かったので、

新幹線代出しても黒字にできて非常に助かりました。

その間もずっと静岡での仕事は続けていて、
結構な額溜まってきたので、

かねてからの夢だったスペイン留学をすることを決意しました。
1995年終わりくらいのことです。

コメント