アレグリアスPart3【YouTubeファルセータ動画29】

アレグリアスPart3 動画
↑クリックで動画再生

YouTubeファルセータ動画 第29弾はアレグリアスのPart3です。

アレグリアスは数あるフラメンコの形式の中でも一二を争う人気曲種で、踊りでも歌でもギターソロでも非常によく演奏されます、

アレグリアス形式解説

カンティーニャス・アレグリアス(Cantiñas,Alegrias)【フラメンコ音楽論11】
フラメンコ音楽論 第11回講座はカンティーニャス系の形式解説です。代表形式であるアレグリアスを中心にコンパスの特徴、踊り・歌の構成も解説しています。

1996年頃習ったファルセータを二つ演奏

今回のアレグリアスは二つのファルセータを弾いていますが、二つとも、スペインにいた時にパコ・クルスというギタリストに教わったものです。

パコ・クルスには7~8回レッスンを受けましたが、その間30~40個くらいはファルセータを習ったと思います。

彼のファルセータはコード、フレージング、リズムが独特で完成度も高いので、未だに気に入って使っているファルセータが相当数あります。

パコ、トマテ、ビセンテ、モラオなどのメジャーどころのファルセータと比べて、他のギタリストとの被りが無いのも良いです。

では、個別にファルセータの解説をします。

一つ目のファルセータ

いきなりAm7(sus4)→D7→G7から入るのが『をを?そっちから来る?』っていう感じで気持ちいいです。
同主調転調のEマイナーキーぽくなりますね。

そのあと半音進行→5度進行して
F#7→B7→E
という流れで、Eメジャーキーに落ちをつけるのも自然な感じですよね。

このファルセータで難しいのは右手ですね。

シンコペ入りの三連符でベース音も入っているし、基礎練習をしっかりやってないと綺麗に弾けなそうです。

自分も毎日の基礎練メニューに、こういう指の組み換えがあるシンコペアルペジオのパターンも入れてます。

最後のピカードは、スラー(ハンマリング・プリング)を使わずに全部右手で弾いたほうが楽そうなパターンですが、全音弾くとゴツゴツしてしまうので、前半はスラーで滑らかにしてます。
右手と左手のタイミングが合いにくい難フレーズです。

二つ目のファルセータ

冒頭が2拍目(1から入る12拍子カウント)の頭から入っています。

アレグリやソレポルのコンパスって、3拍目に強いアクセントがあって、それに対してアウフタクト(弱起、前倒し)して入るっていう場面が多いんですが、3拍目から逆算して2拍のアウフタクトなら1拍目から、1拍半アウフタクトなら1の裏から、という感じですね。

この場合、1拍アウフタクトして3拍目のアクセントに抜ける=フレーズは2拍目の頭から入っている、という感覚です。

後半、4コンパス目前半あたりの3連アルペジオも、コンパスに対してイレギュラーな入り方をしているので、暗譜に苦労した覚えがあります。

でも、フラメンコの演奏って、何度も何度も、繰り返し同じフレーズを練習してコンパスごと体に入れるので、一度覚えたらそう簡単に忘れないんですよね。

このファルセータはコード進行もパコ・クルスの特徴満載です。

E→Emとか、メジャーキーで突如トニックマイナーが出てきたり、オーギュメントコードを好んで使ったりとか。好きだな~、この感覚。

最後のピカードは、エル・ボラのフレーズなんですが「何かパンチの効いた締めフレーズが欲しいな」と思ってテクニカルなピカードを持ってきました。

コメント