ブログとWebsiteを統合しました。このブログはリンクフリーです。(2019年9月26日更新)

フラメンコ音楽論

フラメンコ音楽論

自由リズムのファンダンゴ(マラゲーニャ、グラナイーナなど)【フラメンコ音楽論22】

フラメンコ音楽論 第22回はリブレ(自由リズム)のファンダンゴです。これらはカンテソロの形式群ですが、今回はマラゲーニャ、グラナイーナを中心に紹介します。
2019.09.08
フラメンコ音楽論

ファンダンゴ・アバンドラオ【フラメンコ音楽論21】

フラメンコ音楽論 第21回はファンダンゴ・アバンドラオです。アンダルシア東部地方で発展してきたファンダンゴで、ウエルバ系よりも重厚で勇壮なリズムになります。
2019.09.08
フラメンコ音楽論

セビジャーナス(Sevillanas)【フラメンコ音楽論20】

フラメンコ音楽論 第20回は、踊りの入門形式であるセビジャーナスです。フラメンコの踊りとしては入門用ですが、音楽的にはイレギュラーで難解な面もある形式です。
2019.09.05
スポンサーリンク
フラメンコ音楽論

3拍子系曲種の基本とファンダンゴ・デ・ウエルバ【フラメンコ音楽論19】

フラメンコ音楽論 第19回です。今回は3拍子系形式の概要とファンダンゴ・デ・ウエルバ形式の紹介ですが、この系統はポリリズムの要素もあるコンパスです。
2019.09.08
フラメンコ音楽論

シギリージャ(Siguiriya)とその関連形式【フラメンコ音楽論18】

フラメンコ音楽論 第18回はフラメンコのリズム形式の中で最も古い歴史を持ち、また、最も難解と言われるシギリージャとその関連形式の解説です。
2019.09.08
フラメンコ音楽論

ペテネーラ(Petenera)【フラメンコ音楽論17】

フラメンコ音楽論 第17回は、前回から引き続き『3.3.2.2.2型コンパス』の形式ですが、今回はポル・アリーバで演奏されるペテネーラを紹介いたします。
2019.09.08
フラメンコ音楽論

3.3.2.2.2型コンパスとグアヒーラ(Guajira)【フラメンコ音楽論16】

フラメンコ音楽論 第16回です。今回から変拍子=変則5拍子系の形式解説に入りますが、まずは3.3.2.2.2型のコンパスの特徴と代表形式グアヒーラの紹介です。
2019.09.08
フラメンコ音楽論

ソロンゴ・ロマンセ・アルボレア【フラメンコ音楽論15】

フラメンコ音楽論 第15回です。前回までで12拍子系のメジャー形式はほぼ網羅しましたが、今回は補足的にソロンゴ、ロマンセ、アルボレアの3形式を解説します。
2019.09.08
フラメンコ音楽論

バンベーラ(Bambera,Bamberas,Bamba)【フラメンコ音楽論14】

フラメンコ音楽論 第14回講座は前回に続き民謡系12拍子形式で、バンベーラを扱います。バンベーラはポル・アリーバとAマイナーの複合調で演奏されます。
2019.09.08
フラメンコ音楽論

カーニャ(Caña,La Caña)【フラメンコ音楽論13】

フラメンコ音楽論 第13回は民謡系12拍子形式であるカーニャを紹介します。カーニャの独自フレーズや歌の分析、ソレアやソレポルとの違いなどを書いています。
2019.09.08
スポンサーリンク