Galeria Rosadaインストバージョン(AGAIN・Clear Blue)【過去作品紹介】

この週末は新しい曲をレコーディング予定でしたが、いろいろと用事ができてしまい、曲のほうもアレンジが全然詰められていないので延期しました。来週の連休に完成を目指します。

そこで、過去作品をご紹介していこうかと思います。

今回は自分が過去にやっていた歌もののフラメンコポップグループ、Galeria Rosadaの曲をインスト化したものがあるので、その中から「Again」と「Clear Blue」の2曲をご紹介します。

Again(Instrumental Version)


※埋め込みプレイヤーで視聴できない場合はこちらへ
Sound Cloudリンク

この曲は、フラメンコのタンゴ形式をベースにしたヴォーカル曲で、自分がやっていたフラメンコポップグループ、Galeria RosadaのCDに収録されています。

このバージョンはヴォーカルパートをギターに差し替えたインストゥルメンタルバージョンです。

Galeria Rosadaは歌モノのバンドとしては活動継続が難しくなったため、自分のソロ活動として出来ないか模索した時があり、その時に試作したものです。

ただ、元々が歌モノとして作ったものなので、ギターだけで聴かせるにはなかなか難しいものがありました。

あと、これを作った2006年頃は、機材も自分の音響技術も良くなかったので音質が悪い、というのもあります。

Galeria Rosadaの曲はあれで完成していると思うので、リメイク・アレンジはあまり考えていなかったのですが、改めてこの音源を聴きなおすと、やりようによってはアリかな?とも感じます。

Clear Blue(Instrumental Version)


※埋め込みプレイヤーで視聴できない場合はこちら
Sound Cloudリンク

これも上の「Again(Instrumental Version)」 と同じタイミングで作ったもので、元々歌モノで作った曲のインストバージョンです。

この曲はブレリアのJ-Pop化、しかもコンパス的にちょっと面白いものを、ということで作ったんですが、そしたらヴォーカルパートが激ムズになってしまいました。

歌の出だしとかモロにギターフレーズですよね(笑)

なのでインストゥルメンタル化は違和感ないかな、と思ってやってみたんですが、やはり曲の構成が歌を想定しているので、「Again」同様の難しさがありました。

他の曲だと、「魚は水に、月は空に」(Tanguillo)、「Secrets of the World」(Guajira)なんかもギター曲化できそうですが、ギター曲として聴かせるには、かなりいじる必要ありそうです。

Galeria Rosada原曲サンプル音源

後藤晃 作編曲作品
フラメンコギタリスト=後藤晃のオリジナル曲・編曲作品紹介ページです。音源の試聴が出来ます。演奏動画はYouTubeチャンネルへ!

Galeria RosadaのCDの販売

CD販売
フラメンコギタリスト=後藤晃のフラメンコ・ポップグループ「Galeria Rosada」のCDアルバム「Secrets of the world」を販売しています。

コメント