ノンダイアトニックコード【音楽理論ライブラリー07】

前回はダイアトニックコードと、ドミナントモーションなどの基本的なコード進行をやりました。

今まで、ハーモニックマイナー・メロディックマイナーという例外はありましたが、臨時記号や転調を含む内容は扱ってきませんでした。

実際の曲では臨時記号が付いたり転調したりして、ダイアトニックから外れる音やコードがでてきますが、これらをノンダイアトニックトーン、ノンダイアトニックコードと呼びます。

このノンダイアトニックな音をどう解釈するかが、音楽を理解する上で重要かつ難しいポイントです。

今回からはそういう基本のキーから外れて♯や♭が付く音について学習していきます。

臨時記号入りのコードの解釈

♯や♭がついた音を含むコードの解釈ですが、大別すると以下の二つになります。

  1. 『本格的転調』~他のキーのダイアトニックコードという解釈
  2. 『一時的転調』~そのキーの範囲でのノンダイアトニックな代理コード・経過コードという解釈

どちらにもとれる場合が多いですが、臨時記号が入る部分の長さや前後の関係で判断します。

まずは、本格的転調は考慮せず、2.の同じキーの中でのノンダイアトニック代理コードということを考えます。

以下に、よく使われるノンダイアトニックコードをあげていきます。

セカンダリードミナント

ノンダイアトニックコードで代表的なのがセカンダリードミナントです。

前回、ドミナントモーションを説明しましたが、セカンダリードミナントは、Ⅰコード以外のコードに対してドミナントモーションをかけるものです。

次のコードを5度上(=4度下)のドミナント7thコードで補強・強調するコードです。

例えばCメジャーキーなら
D7→G7のD7(Ⅱ7)
A7→Dm7のA7(Ⅵ7)
E7→Am7のE7(Ⅲ7)
などで、解決先のコードから数えてⅤ7のコードです。

二重ドミナントモーション

ドミナントモーションの拡張版として、二重にドミナントモーションがかかることもあります。

上の例でいくと
A7→D7→G7
E7→A7→Dm7
B7→E7→Am7

となります。
解決先のコードから数えてⅡ7→Ⅴ7となります。

ツーファイブ進行

ジャズ系の音楽ではⅡ7→Ⅴ7も使いますが
Ⅱm7→Ⅴ7(メジャー・ツーファイブ)
Ⅱm7♭5→Ⅴ7(マイナー・ツーファイブ)
という形が多いです。

Cメジャーキーを例にすると
解決先がG7なら
Am7→D7→G7

解決先がDm7なら
Em7♭5→A7→Dm7

解決先がAm7なら
Bm7♭5→E7→Am7
となります。

パッシング・ディミニッシュ

ディミニッシュコードは短3度音程のみで構成される特殊コードで、短3度で平行移動が可能です。

例えば
Cdim=E♭dim=G♭dim=Adim
これらの中身は同じコードになります。

また、ドミナント7thコードのルート音を半音上げると、ディミニッシュコードになるので、ドミナント代理として使われます。

パッシング・ディミニッシュはディミニッシュコードのこういう特性を利用して、ドミナント進行(5度進行)などをディミニッシュで代理して半音進行に置き換えるものです。

例えば
CM7→Dm7→Em7
という順次進行を

CM7→D♭dim→Dm7→E♭dim→Em7
というふうに、パッシングディミニッシュを使って半音進行にできます。

また、ドミナント代理の働きをするので5度進行にも適用可能です。

例えば
Bm7♭5→E7→Am7→D7→G7
という進行を

Bm7♭5→B♭dim→Am7→A♭dim→G7
というふうに置き換えることができます。

裏コード

ドミナント7thコードには『裏コード』と呼ばれる代理コードが存在します。

これは半オクターブ上(♭5,♯11の音程で、下に行っても同じ音程)のドミナント7thコードで、Cメジャーキーでいうと、G7(Ⅴ7)とD♭7(♭Ⅱ7)などが裏コード関係になります。

G7とD♭7はどちらもCコード(Ⅰ)に対するドミナントになります。

G7→Cという5度進行をD♭7→Cという半音下降進行に置き換えるわけですね。
逆の半音→5度変換も可能です。

裏コードは、セカンダリードミナントなど、ドミナント進行しているドミナント7thコードには全て適用可能なので、裏コードを考慮に入れると、そのキーで利用できるコードの範囲は一気に広がります。

ドミナント7th化されたコード

あらゆるタイプのコードを、ドミナント7th系コード(M3とm7を含むコード)に変換することができます。

他のコードタイプがドミナント7thに変換された場合、前後の進行によってコード機能はドミナントに変わることもあれば、元の機能のままの場合もあります。

ブルースで使うⅠ7、Ⅳ7などが典型的です。

その他のノンダイアトニック代理コード

上にあげたようなノンダイアトニックコード以外にも、慣用句的にそのキー内の代理コードとして使われるノンダイアトニックコードがあります。

一般的なものをあげておきます。

♭ⅡM7(SDM)~いわゆるナポリコード
Ⅲm7♭5(SD)
ⅣmM7(SDM)
♯Ⅳm7♭5(SD)
♭Ⅵm7(SDM)
♭ⅦM7(SDM)

――臨時記号が付くコードの解釈を学習しましたが、次回は今回扱わなかった『本格的転調』についてやります。

音楽理論ライブラリー 前回

ダイアトニックコードと基本的なコード進行【音楽理論ライブラリー06】
音楽理論ライブラリー 第6回はダイアトニックコードを学習します。ダイアトニックコードはメジャーキー・マイナーキーにおいてベースとなるコードです。

音楽理論ライブラリー 次回

転調について考える【音楽理論ライブラリー08】
音楽理論ライブラリー 第8回は転調についてです。前回は一時的転調ということでノンダイアトニックコードなどをやりましたが、今回はベースのキーが変化するケースです。

コメント