ピカード奏法【Webで学ぶフラメンコギター06】

「Webで学ぶフラメンコギター」第6回講座をお届けします。

前回はアルペジオ奏法をやりましたが、今回は主に音階を弾くための「ピカード奏法」を解説します。

一般的にはピカードというと、鋭い音で弾くフラメンコ独特の速弾きの事を指しますが、ここではもう少し解釈を広げて、フラメンコギターで使う音階奏法全般をピカード系テクニックとして扱います。

狭義のピカード奏法

上で書いた通り、狭義のピカード奏法というのは、フラメンコ独特の速弾きです。

ピカードはスペイン語で「引っ掻く」とか「突き刺す」という意味です。

それなりのスピードと音の鋭さがある音階を「ピカード」と表現しますが、典型的なのはブリッジ寄りで強いアポヤンドのタッチで弾くものです。

右手の指使いはmi交互弾弦が基本ですが、aiで弾く人もいます。

V.M.セラニートはスピードを追及してami三指でピカードを弾くのがトレードマークでした。

amiのピカードは自分も一時かなり練習したことがありますが、左手との連携が難しく、少しフレーズを変えたり、右手の指の入り方が変わるだけで全然弾けなくなったりするので、結局miに戻しました。

ピカードのフォーム

ピカードのフォームは人によって異なりますが、大雑把に2タイプに分けられます。

第2関節を曲げるフォーム

パコ・デ・ルシアなどがやっていたフォームです。

右手miの第2関節を曲げて、第3関節は伸ばして、右手を平べったい形にして手の平を弦に近づけて弾きます。

このフォームは、右の肩と肘を張って、右手を上に引き上げるようにしないと、右の手首が不自然に曲がってしまうので、スムーズな動きができません。

結果的にギターと右腕の間に少し空間が出来るのが普通です。

ピカード1

指の長さの不揃いを吸収して、均等な強い音で弾くことができます。

コツはmiの第2関節を柔らかく使って弾くことです。

欠点は、アルペジオや親指など他の奏法と混ぜて使うときにフォームチェンジが大きくなってしまう点と、スピードを出すために、かなりの修練と維持のための基礎練習を必要とする点でしょうか。

自分は10年くらい前まではこのフォームで全てのピカードを弾いていましたが、今はフレーズや欲しい音によって、フォームを変えています。

このフォームはiとmの長さが不揃いな人、指を動かす筋肉が強い人に向いています。

第2関節を伸ばすフォーム

ビセンテ・アミーゴやモライート・チコ、チクエロなどはこのフォームです。

右手miの第2関節は伸ばし気味にして、第3関節を内側に曲げて、手の平と弦の間に空間を空けて弾きます。

このフォームは右腕をギターに密着させたまま弾けるので、フォームを安定させやすいです。

ビセンテ・アミーゴはより強い音を出すためと思いますが、肩と肘を張って右腕を浮かせて弾きますが。

ピカード2

こちらのフォームは脱力しやすいので、スピードも出しやすいし、他の奏法と混ぜて使ってもフォームチェンジが少なく済みますが、指の長さが不揃いだと左右に指を傾けて爪の端のほうでタッチせねばならず、しっかりした音で均等に弾くのが難しくなります。

コツは第3関節の動きをメインにしつつ、第1間接と第2間接も柔らかく保って柔軟なタッチをする事です。

iとmの長さが比較的揃ってる人、指の力が弱い人に向いています。

――このように、一長一短ですが、良いとこ取りをするために、ビセンテ・アミーゴのように、これら二つの中間的フォームを追及するのもいいと思います。

二つのフォームに共通して言えることですが、弦をタッチするときに第一関節を柔らかく使って、指先を少し反らせるように弾くと、しっかりアポヤンドできて太い音が出せます。

右手の甲の安定がポイント

ピカード奏法の最大のポイントは右手の甲をグラグラさせずに安定させることで、そのためには右手親指の置き方がポイントになります。

右手親指は6弦上や低音弦側の表面板上に軽く置いて支えをとるのが基本です。

6弦と表面板の両方に軽く触れている状態を基本型にして、miで低音弦を弾くときは、その形のまま上方にずらしていきます。

肘と肩で右手を上に引っ張り上げる感じになりますが、親指は6弦から放れて、表面板上を上方に滑っていくことになります。

これが一番安定感のある形と思いますが、いつもこの形で弾けるとは限りません。

ピカードと同時に親指でベース音を弾いたりもするし、前後のフレーズとの繋がり方によっては、5弦や4弦の上に親指を乗せた状態で弾くこともあり、親指を完全に浮かせた状態でピカードを弾かなければならないこともあります。

練習の仕方としては、まず表面版に親指を置くフォームで練習して、右手の甲が安定したら、親指を5弦上に置いたり、完全に浮かせた状態で弾く練習もする、という感じで段階的に取り組むのが良いでしょう。

ピカードに親指でベース音を加える

ピカードに親指でベース音を入れる場合がありますが、親指のタッチはアルライレ、アポヤンド、両方のパターンがあります。

親指アルライレの場合は親指は弾き終わった後、なるべくなら表面板上に軽く付けて支えをとってフォームを安定させます。

親指アポヤンドの場合は、親指を弾いた後、そのまま一本高音側の弦に乗せて支えをとりながら弾きます。
6弦を弾いたら5弦上で、5弦を弾いたら4弦上で親指を止めて支えをとります。

ただし、このままだと親指を置いている弦は鳴らせないので、必要に応じて親指を浮かせたり、表面板に置き直したりするんですが、このへんの処理は個人の癖やフレーズにより色々ですね。

――最初にフラメンコで特徴的な「狭義のピカード奏法」から解説しましたが、次に「狭義のピカード」以外の音階奏法を解説していきます。

一般的なアポヤンド音階奏法

狭義のピカードほどスピードも鋭さも要らない、一般的な音階奏法で、クラシックギターのアポヤンドによる音階奏法とそれほど変わりません。

フォームはピカードと同じフォームでもいいですが、スピードやタッチがピカードほどシビアではないので、第二関節、第三関節を軽く曲げた自然な形で、指の柔軟性を保ちながら丁寧にタッチすればいい音が出ると思います。

この形のほうが他のテクニックとの併用がやりやすいし、普段はこちらのフォームをベースにして、スピードと音圧が欲しい時だけ、上で書いた狭義のピカードのフォームに移行すればいいと思います。

アルライレの音階奏法

アルペジオなどと音質を揃えたいときや、アポヤンドで弾きにくいフレーズのときは、アルライレでスケールを弾くこともあります。

音量よりもアルライレ特有の煌びやかな倍音が欲しいときも、アルライレを使います。

アポヤンドの音階は上から弦を押さえる感じでタッチしますが、アルライレの音階は主に第二関節を使って水平に素早く擦るようにタッチします。

この奏法は親指やコードプレイとの併用にも適しているし、スピードも出しやすいです。

アルライレとアポヤンドの中間のタッチ

アルライレとアポヤンドの中間的なタッチのピカードというのも、実際にはかなり多用します。

フォームも音質も、アポヤンドとアルライレの中間的な感じになります。

ぎりぎりアポヤンドになってるような浅いアポヤンドのタッチで、スピードも出しやすいです。

これが出来るようになると、微妙な指の角度や力の入れ方で音質をコントロールできるので、最終的に音階系のフレーズは全てこの弾きかたで対応することも不可能ではありません。

ただし、最適なフォームが本当に微妙なので、アルライレとアポヤンドの両方のタッチをしっかりマスターしてから探求したほうがいいと思います。

4種の音階奏法の習得と統合

便宜上、ここでは「狭義のピカード」「一般的なアポヤンド音階奏法」「アルライレ音階奏法」「アポヤンドとアルライレの中間的な音階奏法」という4つに分けて解説しましたが、最終的にはそれらを統合して、その瞬間に欲しい音質に合わせて無意識レベルで弾き分けできるように訓練していくことになります。

まずは、4つの基本奏法をそれぞれ単独でしっかりマスターしてから、自分なりにミックスして応用していく、というのが音階奏法上達のコツだと思います。

Webで学ぶフラメンコギター 前回

アルペジオ奏法【Webで学ぶフラメンコギター05】
Webで学ぶフラメンコギター 第5回はアルペジオ奏法とトレモロ奏法を解説いたします。アルペジオとトレモロは同じフォームで演奏できるので1回にまとめました。

Webで学ぶフラメンコギター 次回

親指奏法【Webで学ぶフラメンコギター07】
Webで学ぶフラメンコギター 第7回はアルサプア含めた親指奏法です。フラメンコギターでは右手親指の使用比率が高く、特殊な動きも多いので大きなポイントとなります。

コメント