ゲーム音楽演奏について【近況と活動方針2021年3月】

このブログでは3か月に1度、近況報告と活動方針の記事を書いていますが、前回は昨年12月に年末特集回として、2020年のまとめと2021年の大まかな方針を書きました。

あれから3か月が経過しましたが、世の中や自分個人の状況的には、そんなには変わっていません。

自分の活動方針も前回書いたものからほとんど変わっていません。

ですので、現況や活動方針などを書いても、前回とほぼ同じ内容になってしまうため、そのあたりは前回記事をお読み下さい。

そこで今回は自分のもう一つの活動である「ゲーム音楽演奏」について、少し突っ込んで書きたいと思います。

フラメンコとゲーム音楽演奏のバランス

コロナの影響下にある現在、ブログを中心としたインターネットでの活動に注力していますが「後藤晃のフラメンコギターブログ」(当ブログ)と「ゲーム音楽をソロギターでひたすら弾くブログ」という2つの活動(それぞれYouTubeの活動を含む)を、ほぼ同じくらいの時間配分でやっています。

約半分の時間とエネルギーを使っている活動ということで、全体の活動方針にも重大な影響を及ぼすことになると思います。

ゲーム音楽演奏は趣味の活動だし、とくにフラメンコの同業の人から見るとほんとに謎の活動なんだろうと思います。

また、時間が足りていない自分の状況で、そういう活動に大きな時間と労力をかける行為は理解できないのかもしれません。

「ゲーム音楽演奏を減らせば、本職のフラメンコギターの活動、もっとできるんじゃないの?」と思われる方も多そうで、実際にそういう疑問を投げかけられることもあります。

ですが、ゲーム音楽演奏も今の自分にとって重要な活動なので、この機会にしっかりと自分の考えを書いておこうかと。

ゲーム音楽演奏を頑張る理由

まず一番重要理由は「好きだから」「楽しいから」です。

でも、これだけだと話が終わってしまうので、少し深堀りしてみます。

フラメンコギター×ゲーム音楽というのは突飛なコンセプトに思えるかもしれませんが、それなりの準備期間と試行錯誤を経てやっていることです。

自分の音楽歴とフラメンコとの出会い

今「フラメンコ音楽論」で書いていますが「日本人としてのフラメンコへの取り組み」ということは以前からずっと模索してきたテーマです。

ギターを始めてからフラメンコに辿り着くまでに傾倒していたロックやジャズも、もちろん大きなルーツではありますが、どちらも欧米が本場の文化だし、実際、ロックやジャズをやっていたときは、ほぼ、海外のアーティストのコピーに終始していました。

その時期、オリジナル曲も書いていましたが、経験と知識が足りなすぎて、世に出せる水準に達する前にフラメンコギターに転向して、それから10年間くらい、今度はスペイン人アーティストのコピーに精を出すことになります。

2000年代に入ってから「日本人としてのフラメンコへの取り組み」ということを強く意識するようになり、オリジナル曲を書いてみたり、フラメンコPOPバンドをやって作詞作曲、J-POPとフラメンコの融合に挑戦してみたり、世界中の色んな音楽を採譜してソロギターアレンジして弾いたりしていました。

フラメンコPOPグループ「Galeria Rosada」のアルバムCD

CD販売
フラメンコギタリスト=後藤晃のフラメンコ・ポップグループ「Galeria Rosada」のCDアルバム「Secrets of the world」を販売しています。

日本人としての自分のルーツって?

そういう思考の流れで、フラメンコギターをやりながらも「自分の音楽ルーツ」ということを意識するようになったんですが、とあるキッカケがあって浮上してきたのが子供時代から20代の頃に親しんだゲーム音楽でした。

ゲーム文化は日本が世界に誇るカルチャーだし、日本人の日常生活に根付いていますよね。

日本人としてのオリジナルな音楽、ということだと、日本古来の邦楽などが思い浮かびますが、自分の生活歴や音楽ルーツに伝統的な邦楽というのは無いわけで(盆踊りくらいか?)、ゲームやアニメ、漫画などのサブカルチャーのほうが、自分にとっては、より身近でリアルな日本文化でした。

そんな長年の思考を経て形成された「日本人である自分にしか出来ない、リアルな自分のルーツとリンクした活動がしたい」という動機と、自分自身が夢中になって楽しめる方向性が、自然な形で合致したのがゲーム音楽演奏活動だった、というわけです。

ギター活動再始動の起爆剤に

ゲーム音楽の事をそんな風に意識しはじめたのは2015年のことです。

それまで長い間、ゲーム音楽のことが意識に上ることはほとんど無かったんですが、その時期(2015年から2018年頃)に取り組んでいた「色んなジャンルの音楽の採譜とソロギター化」ということの一環としてゲーム音楽の採譜・アレンジをするうちに、どんどんはまっていきました。

結果として、2016年秋から1年ちょっとの間にゲーム音楽300曲採譜ということになり、それは2018年からのギター活動再始動の起爆剤にもなって、2018年にはフラメンコギターブログ(当ブログ)に先んじてゲーム音楽演奏ブログ活動を開始しています。その時は凄くワクワクしたのをおぼえています。

このへんのことは、この記事の後半で詳しく書きました。

自分の世界を広げる鍵……かも知れない

フラメンコギター×ゲーム音楽というコンセプトは、まだまだ実験中で練れていない部分もありますが、結果的には「おそらく純フラメンコやオリジナル曲だけやっていたら、関わり合いにならないだろう層からの支持」という手応えも感じているし、何より自分自身がめちゃめちゃ楽しいので、本職のフラメンコギターと同じくらいの熱量と時間をかけたいと思っています。

つい熱く語ってしまいましたが、今、2つの活動を少々無理しながらも推し進めているのは、「日本人としてのフラメンコへの取り組み」という、自分の長年の葛藤にヒントを与え、新しいリスナー層との出会いをもたらし、今後、自分の音楽をやっていく上でも重要な土台になるだろう、という期待があるからです。

今後も、2つのブログをはじめとしたギターの活動を頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします!

コメント