新型コロナのことなど【近況と活動方針2020年3月】

前回は2019年の年末に活動方針をまとめましたが、その時点から状況が激変しています。

前回の活動方針(2019年12月30日)

近況報告と来年の活動方針【年末特集回】(2019年12月30日)
3ヶ月に1回書いている近況報告と活動方針の記事です。今回は年末特集回ということで2019年の活動を振り返りつつ2020年の方針を考えてみます。

今、世間では新型コロナウイルスの感染拡大で騒がれていて、ライブや公演など人が集まるイベントは自粛ムードです。

今回はコロナ騒動への対応を中心に今後しばらくのことを考えてみようと思います。

新型コロナウイルスの影響

新型コロナウイルスは昨年末に中国で発生してWHOに報告されていましたが、前回の活動方針記事(2019年12月30日)の時点では日本国内では、まだ話題になっていませんでした。

中国で騒ぎになり始めたのが1月、中国での感染拡大が本格化して、日本でも大きな話題になってきたのは2月に入ってからです。

自分は2月25日に浅草橋バリーカさんでフラメンコのライブを行ったんですが、この日に日本政府が声明を発表して、次の日からイベントの自粛ムードがはじまりました。

3月に入ると全国の小中学校が閉校となり、自粛ムードが本格化します。

そしてヨーロッパでも感染が急拡大、フラメンコの母国スペインでは3月14日に非常事態宣言が発令され、イベントやお店の営業、不要不急な外出が禁止されるという異常な事態になっています。

2月後半あたりから、ヘレスのフェスティバルなどを目当てに多くのフラメンコ関係者がスペインを訪れているのをSNSで見ていて、その時点では日本よりスペインのほうが安全、という雰囲気がありましたが、あっという間に逆転してしまいました。
お国柄、3月に入るまで楽観していて、あまりしっかり調査していなかった、というのはあると思いますが。

新型コロナウイルスの実際の危険度などは、まだ未知数の部分が多いのですが、騒動は拡大中です。

この騒動では、ライブを主戦場にするアーティストが一番打撃を受けているし、フラメンコのクラスなども徐々にやりにくくなったり、長引くと業界的に危機的な状況になりそうです。

コロナへの対応は人それぞれの立場や考え方があると思いますが、自分も、今後どうなっていくのか、推移を見守りながら、活動方針を考えていこうと思います。

ライブ活動

昨年秋頃よりライブ活動を活性化させていきたい、という方針でしたが、事態の急変を受けて、自分で企画するライブに関しては事態の推移を見ながら判断しようと考えています。

フラメンコライブ、『羽風』のライブ、今年から始めるつもりでいた自分のソロ名義のライブなど、2ヶ月に1度くらいは、何らかのライブ企画をしたいと思っていましたが、万が一、自分の企画したライブが感染源になり、お客様や出演者が感染した、となったら、と考えると怖いです。

今後しばらく推移を見守って、安全が確保できるようになったらライブ企画を再開したいと思っています。

現状は、5月か6月から再開できたら、と思っていますが、次回の活動方針記事(6月予定)を書く頃までには収束しているのを祈るばかりです。

演奏の仕事

自主企画以外の演奏のお仕事などですが、ご依頼があった演奏や仕事については、極力対応していく方針です。

ギターのレッスン

ギターのレッスンは現段階では、個人レッスンは受け付けております。
マスク着用での受講をお願いしています。
グループレッスンは当面見合わせます。

教室案内

後藤晃ギター教室
東京を中心にフラメンコギター、ソロギター、アレンジや音楽理論のクラスを展開中。オンラインレッスンは全国対応です。お気軽にお問い合わせ下さい。

羽風の活動

昨年から始めて、昨年12月に初ライブを行ったインストユニット『羽風』の活動ですが、当初は4月頃のライブを予定していました。

ですが、この状況ですので、羽風ライブもしばらく延期します。

そのかわり、音源やMVなどの制作を進めています。
次回のライブ企画までに、数曲のMVを発表することを目指します。

コンテンツが出来てきたら、羽風のWebサイトのほか、こちらのブログでもご紹介したいと思います。

羽風Website

羽風Website
2019年6月に結成されたインストゥルメンタル音楽ユニット『羽風~HaFu』のWebsiteです。メンバー紹介・音源・動画・ライブ情報・公式ブログなどのコンテンツがあります。

ブログ活動

コロナ騒動により、リアルフィールドでの活動は困難になってきているので、ここはブログ活動をはじめとしたインターネット活動に注力したいと思います。

自分がやっているのは、このフラメンコギターブログとゲーム音楽演奏ブログの二つですが、先月から両ブログで始めた新連載『音楽理論ライブラリー』と『ゲーム音楽作曲家列伝』の下書きを進めております。

音楽理論ライブラリー
実用的な音楽理論を解説します。音楽理論のうち演奏・アレンジ・作曲などに役立つ部分を、最短で身に付けられるよう独自に構成したものをここに公開いたします。
ゲーム音楽作曲家列伝
ゲーム音楽の歴代作曲家を紹介していく連載シリーズです。

これら二つの新連載はブログの整理・リライトも同時進行で少し手間がかかるので、この機会に進めたいです。

コロナ騒動が終わって平常に戻るまでに、二つのブログをしっかりと整備しておきたいと思います。

動画コンテンツに関しては、毎週末1本ずつアップするのを目標としていますが、羽風の音源制作などもあるし、現状ペース(原則毎週末、たまに休み)を維持していこうと思います。

SNS活動

前回の活動方針でSNS活性化というのを言いましたが、上で書いた通り、隙間時間はブログの新連載下書きとリライトに費やしているため、現状は最低限の活動となっています。

ブログの更新をSNSで配信させていただいているので、そのときに近況なども少し書いたりしていますが、しばらくは現状のまま行くと思います。

新連載の下書きが一定のところまで行ったら、隙間時間を徐々にSNSに振っていこうと思います。

――以上、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、自分の活動方針を立てました。

今回の騒動では、改めてフリーランスの厳しさ、芸で食べていくことの大変さを感じていますが、自分も希望を捨てずに頑張っていきたいので、今後ともよろしくお願いいたします!

コメント