カンテ・レバンテ(タランタ・ミネーラなど)【フラメンコ音楽論23】

フラメンコ音楽論では前回、ファンダンゴの発展形として、リブレ(自由リズム)のファンダンゴについて解説しました。

今回は、自由リズムのファンダンゴの中で、ちょっと他の歌と毛色が違うカンテ・レバンテ(Cante Levante=鉱山の歌)と呼ばれる形式群をご紹介します。

カンテ・レバンテは、アンダルシア東部のアルメリアや、隣接地域のムルシア、カルタヘナといった地方で発展してきた独特の節回しを持つファンダンゴ系の歌です。

カンテ・レバンテの概要

カンテ・レバンテに属する形式には、タランタ、ミネーラ、カルタヘネーラ、ムルシアーナなどかありますが、どの形式も雰囲気が似通っていて、専門家でも形式の分類が難しいことがあります。

カンテ・レバンテのルーツの一つはファンダンゴですが、もう一つのルーツとしてアルメリア地方やムルシア地方で歌い継がれてきた土着の民謡があり、これらがミックスされたものという説が有力です。

カンテ・レバンテの形式群は「ラ・ウニオンのコンクール」などを通じて、ファンダンゴ系リブレ形式のカンテとして確立してきましたが、アンダルシア東部及びムルシアの土着民謡のカラーが強く出た結果、他のファンダンゴ系とは違った節回しになっているものと推測されます。

カンテ・レバンテの音楽的な特徴は、複雑で細かい節回しと不協和音的な音使いで、聴いてもらうのが早いのですが、ここでは出来る限りの文章解説を試みてみましょう。

カンテ・レバンテの調性

カンテ・レバンテ系の歌は、一般的にF♯スパニッシュ調(ポルタラント)で伴奏がつけられます。

ちなみに、昔はカンテ・レバンテも他のファンダンゴと同じくポルアリーバ(Eスパニッシュ調)で伴奏されていたようですが、レバンテ系カンテの複雑でほの暗い節回しにマッチする響きを追及した結果として、2フレットずらしたF♯スパニッシュ調が編み出されたものと思われます。

ギターのルートコードは解放弦を絡めてF♯7(♭9,11)というのが「基本型」ですが、世界的に見ても、こんなテンションコードがルートコードになってる音楽は類を見ません。

このキーの場合のカポタストの位置は、女性歌手なら4カポから5カポ(実音B♭スパニッシュ調からCスパニッシュ調)、男性歌手ならカポ無しから1カポ(実音F♯スパニッシュ調からGスパニッシュ調)くらいになります。

以下、個別形式を紹介していきましょう。

タランタ(Taranta)

単数形:Taranta
複数形:
Tarantas
主な調性:
ポルタラント(F♯スパニッシュ調)
テンポ:
自由リズム

タランタはアルメリアで発展した形式で、2拍子系の踊りの形式としてメジャーなタラントの元ネタです。

カンテ・レバンテの中では最も演奏頻度が高く、ギターソロとしても好んで演奏されます。

タランタのコード進行

タランタの代表的な歌のコード進行を図示します。書式は以下の通り。

  • ()内のコードは省略される可能性がある
  • キーはポルタラント(F♯スパニッシュ調)で記載
  • 1行がファンダンゴ・デ・ウエルバの1コンパスに相当
  • サリーダの部分は省略
  • ※マークは合いの手。タラントのコンテスタシオンに相当
  • 合いの手に関しては、書いていない段も歌の間の取り方などによっては入れていく

D7→G→D→※
(D7→)E7→A
D7→G→D→※
(D7→)E7→A
D7→G
D7→G→F♯7

ディグリー(度数)表記版

♭Ⅵ7→♭Ⅱ→♭Ⅵ→※
(♭Ⅵ7→)♭Ⅶ7→♭Ⅲ
♭Ⅵ7→♭Ⅱ→♭Ⅵ→※
(♭Ⅵ7→)♭Ⅶ7→♭Ⅲ
♭Ⅵ7→♭Ⅱ
♭Ⅵ7→♭Ⅱ→Ⅰ7

普通のファンダンゴとの比較

上に書いたタランタのコード進行が2拍子のタラントを含むカンテ・レバンテ系の歌伴奏の基本となりますが、これをファンダンゴの一種だと言ってもピンと来ない人が多いのではないでしょうか?

そこで、ノーマルなファンダンゴからの変化がわかりやすいように、上に書いたタランタの進行を、ポルアリーバに移調して、スタンダードな6コンパスのファンダンゴの展開になぞらえて書いてみます。

ノーマルなファンダンゴ
①G7→C
②C7→F
③G7→C
④C→G7
⑤G7→C
⑥C7→F→E

ポルアリーバ移調版タランタ
①C7→F→C
②C7→D7→G7
③C7→F→C
④C7→D7→G7
⑤C7→F
⑥C7→F→E

こうしてみると、ベースがファンダンゴであることはなんとか分かると思うのですが、以下のような変化をしています。

  • 全ての行でC7(タランタのキーだとD7)を起点にしている
  • 所々GとFの場所が入れ替わってる

タランタの歌は、全ての段落がD7→Gで始まるのが特徴です。

これは♭Ⅵ→♭Ⅱですが、一般のファンダンゴは♭Ⅲ→♭Ⅵで始まることが多ので、出だしからして既に違いますよね。

その後も、普通のファンダンゴは♭Ⅲと♭Ⅵ中心のメジャーキーぽい動きですが、レバンテ系は♭Ⅵ→♭Ⅱの動きが中心になります。

全体に♭Ⅲコード(ポルタラントだとD、ポルアリーバのCに相当)に解決する動きが少なく、唯一、♭Ⅲに行く所もコンテスタシオンになっていて歌わない、というのが普通のファンダンゴと決定的に違うところで、暗くて渋い雰囲気になっている最大要因でしょう。

ミネーラ(Minera)

単数形:Minera
複数形:
Mineras
主な調性(歌):
ポルタラント(F♯スパニッシュ調)
主な調性(ギターソロ):ポルタラント(F♯スパニッシュ調)、G♯スパニッシュ調、C♯スパニッシュ調
テンポ:
自由リズム

ミネーラはタランタの近縁の歌ですが、その出自はよく分かっていません。

ちなみにスペイン語でMineraは「鉱山」ですので、鉱山の歌=炭鉱節的なものでしょうね。

ミネーラとされる歌は、タランタにそっくりなものも多いのですが、タランタなのか?ミネーラなのか?の判別について、厳密な分類学上は諸説あると思いますが、実運用上はそのように特定の歌のみを指して「ミネーラ」と呼んでいるように思います。

ミネーラとされる歌で有名なものに、踊りのタラント(2拍子のほう)でもよく歌われる「F♯→Bm→E7→A」という5度進行で始まる歌があります。

カルタヘネーラ(Cartagenera)

単数形:Cartagenera
複数形:
Cartageneras
主な調性:
ポルタラント(F♯スパニッシュ調)
テンポ:
自由リズム

カルタヘネーラは、カルタヘナ(アンダルシア州の東隣、ムルシア州にある町)の民謡とファンダンゴがミックスされて成立したとされている形式です。

元ネタの民謡は短調のシンプルな歌ですが、カンテフラメンコとしてはアントニオ・チャコン(Antonio Chacon)が歌ったスタイルが有名で、現在、カルタヘネーラの形式名で歌われるものはチャコンのスタイルがベースになっています。

カルタヘネーラの特徴

カルタヘネーラの代表的な歌のコード進行を少し解説しましょう。

カルタヘネーラもタランタと雰囲気がよく似ていますが、歌の前半部分に特徴があります。

これはカルタヘナ民謡のメロディーが取り入れられた結果と思いますが「F♯→BmでBマイナーキー寄りで始まって、次の節でいきなりDメジャーに行く」という動きがカルタヘネーラの特徴です。

カンテ・レバンテ系は、D(♭Ⅵ)のコードはD7(♭Ⅵ7)として、Gへのセカンダリードミナントとして使ったり、コンテンタシオンとして歌わなかったりしますが、カルタヘネーラの場合、はっきりと♭Ⅵ=Dメジャーコードへのメロディ解決がみられます。

なんというか、そこだけ唐突に明るい旋律になるのですが、他のカンテ・レバンテよりはノーマルなファンダンゴに近い雰囲気になりますよね。

ムルシアーナ(Murciana)

単数形:Murciana
複数形:
Murcianas
主な調性:
ポルタラント(F♯スパニッシュ調)
テンポ:
自由リズム

ムルシアーナは、ムルシア地方発祥のカンテ・レバンテです。

この形式については、あまり伴奏経験も無いので詳述はできないのですが、以下の3タイプの歌があるものと認識しています。

  • ファンダンゴ・ナトゥラルに近いもの
  • タランタやミネーラに近いもの
  • D7→Gの2コードで進行した後、そのままF♯に落ちるもの

カンテ・レバンテ系のギターソロ

レバンテ系のリブレ形式はギターソロでも良く演奏されますが、歌が無いギターソロの曲には、どうやって形式名を付けているのでしょうか?

これは今一つハッキリしないのですが、自分なりの考えを述べておきます。

まず、F♯スパニッシュ調のリブレ系ギターソロは、ほぼ「タランタ」として演奏されている印象ですが、C♯やG♯スパニッシュ調で演奏された曲を他と差別化するために「ミネーラ」という形式名をつけることもあります。

あとは、ラモン・モントージャ(Ramon Montoya)がミネーラとして演奏していたスタイルは、ミネーラの形式名で現在も弾き継がれていますよね。

このように、レバンテ系のギターソロは調性や演奏スタイルによって形式名(ほとんどがタランタかミネーラ)が付いているのが実態なのではないでしょうか。

――今回でファンダンゴを主体とした3拍子とリブレ形式の解説は終了で、次回からは2拍子系の形式に移っていきたいと思います。

コメント