バンベーラ(Bambera,Bamba)【フラメンコ音楽論14】

前回は民謡系の12拍子形式として、カーニャをとりあげましたが、今回は同じく民謡系12拍子のバンベーラです。

バンベーラは現在でも踊りの形式として、そこそこの演奏頻度があります。

バンベーラ形式概要

単数形:Bambera,Bamba
複数形:Bamberas
主な調性:
ポルアリーバ(Eスパニッシュ調)とAマイナーキーの複合調
テンポ:
130BPMから170BPM

バンベーラはバンバとも呼ばれます。

その昔、アンダルシア地方の村祭りでブランコに乗って歌を歌うという風習があって、その歌が起源と言われていて、歌詞にもブランコが出てきます。

フラメンコ形式としては、カンテ発展期の歌い手、ニーニャ・デ・ロス・ペイネス(La Niña de los Peines)がレパートリーに取り入れたのが最初と言われています。

他の民謡系の12拍子形式と同様に、初期はファンダンゴ系のリズムでも演奏されていたようですが、現在はソレア・ポル・ブレリアのコンパスで演奏されるのが主流です。

バンベーラのキー

バンベーラのキーはポルアリーバとAマイナーの複合調(後述)です。

カポタストの位置はソレアより少し低めに設定される場合が多く、女性歌手で6カポ(実音B♭スパニッシュ)、男性歌手なら3カポ(実音Gスパニッシュ)くらいが中心です。

バンベーラのギターのマルカール

バンベーラのギターのマルカールは、ほぼポルアリーバのソレポルなんですが、バンベーラで特徴的なのは「1、2、3拍目をAm、G、Fと弾いて強調する」という頻度がソレポルより高め、という事です。

バンベーラの歌

バンベーラの歌はポルアリーバが基本ですが、最後がAmコードで終わります。

これって、歌だけ聴くとAマイナーキーなんでは?と思うんですが、他のセクションはソレアと同様のポルアリーバのパターンだし、ギターのマルカールもF→Eの動きが主体です。

ですので、歌の最後だけAマイナーに行く、「ポルアリーバ・Aマイナー複合調」と捉えるべきかと。

ファルセータに関しては、ポルアリーバ、Aマイナーキー、どちらのものでもマッチします。

バンベーラの歌のコード進行

バンベーラの歌のうち、最も一般的なもののコード進行をご紹介します。

ソレアでいう1拍目を頭にした3拍子で記載、1段が1コンパスです。○はコードチェンジ無しの拍です。

|E ○ ○|○ ○ ○|○ ○ ○|○ ○ ○|
|E ○ F|○ ○ ○|○ ○ ○|E ○ ○|
|E ○ F|○ ○ ○|○ ○ ○|E ○ ○|

コンテスタシオン(無い場合もある)

|Am ○ ○|○ ○ ○|(F)○ ○|E ○ ○|
|○ ○ F(G7)|○ ○ ○|○ ○ ○|E(C)○ ○|
|E ○ ○|○ ○ ○|○ ○ ○|○ ○ ○|(この段がメディオになったり、無い場合もある)
|E ○ ○|○ ○ ○|○ ○ ○|Am ○ ○|

メディオコンパス単位でサイズは伸縮します。とくにカンテソロの場合はサイズ伸縮が多くなります。

ディグリー(度数)表記版

|Ⅰ ○ ○|○ ○ ○|○ ○ ○|○ ○ ○|
|Ⅰ ○ ♭Ⅱ|○ ○ ○|○ ○ ○|Ⅰ ○ ○|
|Ⅰ ○ ♭Ⅱ|○ ○ ○|○ ○ ○|Ⅰ ○ ○|

コンテスタシオン(無い場合もある)

|Ⅳm ○ ○|○ ○ ○|(♭Ⅱ)○ ○|Ⅰ ○ ○|
|○ ○ ♭Ⅱ(♭Ⅲ7)|○ ○ ○|○ ○ ○|Ⅰ(♭Ⅵ)○ ○|
|Ⅰ ○ ○|○ ○ ○|○ ○ ○|○ ○ ○|(この段がメディオになったり、無い場合もある)
|Ⅰ ○ ○|○ ○ ○|○ ○ ○|Ⅳm(またはⅠm)○ ○|

※最後は平行調マイナーキーに転調と捉えることもできる。

バンベーラの歌のバリエーション

バンベーラの歌のバリエーションとしては、踊り伴唱でよく歌われるA7→Dm→G7→C(Ⅰ→Ⅳm→♭Ⅶ7→♭Ⅲ)という5度進行のものがあります。こちらもサイズは伸縮します。

次回は未解説の12拍子系形式をまとめたいと思います!

フラメンコ音楽論 前回

カーニャ(Caña,La Caña)【フラメンコ音楽論13】
フラメンコ音楽論第13回は、民謡系12拍子形式であるカーニャを紹介します。カーニャの独自フレーズや歌の分析、ソレア・ソレポルとの違いなどを書きました。

フラメンコ音楽論 次回

ソロンゴ・ロマンセ・アルボレア【フラメンコ音楽論15】
フラメンコ音楽論では前回までで12拍子系のメジャー形式を網羅しましたが、今回は12拍子系の補完記事として、ソロンゴ、ロマンセ、アルボレアの3形式を解説します。

コメント