ソロンゴ・ロマンセ・アルボレア【フラメンコ音楽論15】

前回までで12拍子系のメジャー形式を、ほぼ網羅しましたが、今回は12拍子系の補完記事として3つの形式をとり上げておきます。

今回紹介するのは、ソロンゴ、ロマンセ、アルボレアの3形式です。

これらのうち、ソロンゴは民謡系の、ロマンセとアルボレアはヒターノ伝承系の起源を持つ歌になります。

ソロンゴ(Zorongo)

単数形:Zorongo
複数形:あまり使用されません
主な調性:
ポルメディオ(Aスパニッシュ調)、ポルアリーバ(Eスパニッシュ調)
テンポ:
130BPMから170BPM(2拍子の場合タンゴ、3拍子の場合ソレポルのコンパス)

ソロンゴはグラナダの民謡がフラメンコ化したもので、カーニャのラメントと似たラインのリフレインをもっています。

フラメンコ形式としては、12拍子(3拍子)で演奏される場合と2拍子で演奏される場合があります。

12拍子の場合はソレア・ポル・ブレリアブレリアで、2拍子の場合はタンゴのコンパスで演奏されます。

キーはポルメディオ(Aスパニッシュ調)が多いですが、ポルアリーバ(Eスパニッシュ調)でも演奏されます。

ポルメディオの場合、女性歌手なら4カポ(実音C♯スパニッシュ調)、男性歌手ならカポ無し(Aスパニッシュ調)くらいのキーです。

ソロンゴの歌のコード進行

ソロンゴの歌のコード進行をご紹介します。

12拍子の解説の一環として扱っていますので12拍子で書きますが、この場合ブレリアのノリで12拍目と6拍目がフレーズの切り替わりになるので、12拍目を頭にして記載します。

キーはポルメディオ=Aスパニッシュ調、○はコードチェンジ無しの拍です。

|A ○ ○|B♭ ○ ○|A ○ ○|○ ○ ○|
|A ○ ○|B♭ ○ ○|A ○ ○|○ ○ ○|
|C ○ ○|(B♭)○ ○|A(F)○ ○|○ ○ ○|
|C ○ ○|B♭ ○ ○|A ○ ○|○ ○ ○|
|C ○ ○|(B♭)○ ○|A(F)○ ○|○ ○ ○|(この段は無い場合もある)
|C ○ ○|B♭ ○ ○|A ○ ○|○ ○ ○|(この段は無い場合もある)

リフレイン
|B♭(C)○ ○|B♭ ○ ○|A ○ ○|○ ○ ○|
|B♭(C)○ ○|B♭ ○ ○|A ○ ○|○ ○ ○|
|C ○ ○|○ ○ ○|(F)○ ○|○ ○ ○|
|○ ○ ○|B♭ ○ ○|A ○ ○|○ ○ ○|
|C ○ ○|○ ○ ○|(F)○ ○|○ ○ ○|(この段は無い場合もある)
|○ ○ ○|B♭ ○ ○|A ○ ○|○ ○ ○|(この段は無い場合もある)

だいたいこんな進行ですが、リフレインの3段目と5段目は、ソレア風に中落ちにFコードを入れてもいいし、A、B♭、Cの3つのコードのみでやっても良いです。

繰り返し部分はあったり無かったりです。

踊りの場合、リフレインの後半部分はブレイク入りの仕掛けを作ったり、リブレにして演奏することも多いです。

2拍子で演奏する場合も基本的なコード進行は3拍子のものと同じですが、4拍単位でコードチェンジするので、3拍子でやるより掴みやすいと思います。

ディグリー(度数)表記版

|Ⅰ ○ ○|♭Ⅱ ○ ○|Ⅰ ○ ○|○ ○ ○|
|Ⅰ ○ ○|♭Ⅱ ○ ○|Ⅰ ○ ○|○ ○ ○|
|♭Ⅲ ○ ○|(♭Ⅱ)○ ○|Ⅰ(♭Ⅵ)○ ○|○ ○ ○|
|♭Ⅲ ○ ○|♭Ⅱ ○ ○|Ⅰ ○ ○|○ ○ ○|
|♭Ⅲ ○ ○|(♭Ⅱ)○ ○|Ⅰ(♭Ⅵ)○ ○|○ ○ ○|(この段は無い場合もある)
|♭Ⅲ ○ ○|♭Ⅱ ○ ○|Ⅰ ○ ○|○ ○ ○|(この段は無い場合もある)

リフレイン
|♭Ⅱ(♭Ⅲ)○ ○|♭Ⅱ ○ ○|Ⅰ ○ ○|○ ○ ○|
|♭Ⅱ(♭Ⅲ)○ ○|♭Ⅱ ○ ○|Ⅰ ○ ○|○ ○ ○|
|♭Ⅲ ○ ○|○ ○ ○|(♭Ⅵ)○ ○|○ ○ ○|
|○ ○ ○|♭Ⅱ ○ ○|Ⅰ ○ ○|○ ○ ○|
|♭Ⅲ ○ ○|○ ○ ○|(♭Ⅵ)○ ○|○ ○ ○|(この段は無い場合もある)
|○ ○ ○|♭Ⅱ ○ ○|Ⅰ ○ ○|○ ○ ○|(この段は無い場合もある)

ロマンセ(Romance)

単数形:Romance
複数形:あまり使用されません
主な調性:
ポルアリーバ(Eスパニッシュ調)
テンポ:
140BPMから200BPM

ブレリアの解説記事でロマンセについても少し触れましたが、ヒターノの民俗伝承にロマンセという語り歌(物語に歌をつけてきかせるもの)があって、そういう古い歌をフラメンコのコンパスにのせて演奏することがあります。

この形式は固有の歌やコンパスというより、ロマンセ(古い語り歌)の歌詞を使っていれば形式名は「ロマンセ」ということになるので、実体が掴みづらいかもしれません。

ただ、よく演奏される型というのはあるので、ここでもそういうよく演奏される型を扱います。

ロマンセのコンパス

ロマンセのコンパスですが、当初はソレアにのせて演奏されていたようですが、現在はソレア・ポル・ブレリアからブレリアの速さが中心です。

踊りの場合、レトラ部分はソレア・ポル・ブレリアのコンパスで演奏されるのが主流ですが、歌単体ならブレリアの速さのものも多いです。

ロマンセのコード進行

ロマンセの歌のコード進行例を挙げてみます。

ロマンセの調性はポルアリーバ(Eスパニッシュ調)が主流なのでポルアリーバを前提として書きます。

E→Am→G→F→E(I→Ⅳm→♭Ⅲ→♭Ⅱ→Ⅰ)

こういうE→Amから始まる下降進行をベースに、色々と寄り道したり部分的に引き伸ばしたりするのが基本で「Am、Gに何回か行った後にF→Eへと落ちが付く」というパターンが多いです。

アルボレア(Alborea,Alboreas)

単数形:Alborea
複数形:Alboreas
主な調性:
ポルアリーバ(Eスパニッシュ調)
テンポ:
140BPMから200BPM

アルボレアは、ヒターノの婚礼祝いで歌われていた歌がフラメンコ化したものです。

コンパスはソレア・ポル・ブレリアからブレリアくらいの12拍子で、キーはポルアリーバが多いです。

演奏頻度はあまり高くなく、自分も実は数回しか伴奏した機会が無いです。

そいういわけで、この形式に関しては知識も経験も不足しているため詳述はできません。

ただ、コンパス、メロディーともにロマンセとの共通性を感じます。

――以上、12拍子系の派生形式をやってきましたが、土着の民謡やヒターノ社会で歌い継がれてきたものがフラメンコに取り込まれる際に3拍子→12拍子に変化したものと考えられます。

つまり、これら12拍子系派生形式のコンパスは後付けされたものということです。

ですので、学習する際もソレアやブレリアなどの12拍子系のフラメンコオリジナル形式をマスターできたのなら、派生形式はその応用で、個別の歌の展開や固有の慣用句さえ覚えれば対処可能となります。

フラメンコ音楽論 前回

バンベーラ(Bambera,Bamba)【フラメンコ音楽論14】
フラメンコ音楽論第14回講座は前回に続いて民謡系12拍子形式で、バンベーラを扱います。バンベーラはポル・アリーバとAマイナーキーの複合調で演奏されます。

フラメンコ音楽論 次回

3.3.2.2.2型コンパスとグアヒーラ(Guajira)【フラメンコ音楽論16】
フラメンコ音楽論では、今回から変拍子=変則5拍子系の形式解説に入りますが、まずは3.3.2.2.2型コンパスの概要と代表形式であるグアヒーラの解説をします。

コメント