ブレリア(Buleria)【フラメンコ音楽論12】

フラメンコ音楽論では、現在12拍子系の形式について学んでいますが、今回は12拍子系のなかでも「本丸」といえるブレリアを解説します。

ブレリアは「世界一速い3拍子」とも言われていて、最もフラメンコらしいリズム形式です。

ブレリア形式概要

単数形:Buleria
複数形:Bulerias
主な調性:ポルメディオ(Aスパニッシュ調)
テンポ:190BPMから250BPM以上

ブレリアは主にアンダルシアの田舎町であるヘレス・デ・ラ・フロンテラとその周辺で発展した形式で、数あるフラメンコの形式のなかでもリズムに関しては発展の頂点に位置するものです。

その特殊性やバリエーションの多さ、自由度の高さから自分はそう感じます。

ブレリアはソレアから派生して、どんどんテンポが速くなっていったものですが、その過程で数多くのバリエーションパターンが生まれ、現在も発展し続けています。

俗に「世界一速い3拍子」と言われていますが、だいたい190BPMから250BPMくらいで演奏され、踊りのマチョなどでは300BPMくらいになることもあります。

ブレリアのコンパス

ブレリアのコンパスですが、12拍子系のリズムはテンポが上がるにしたがって「コンパスの最後に感じていた12拍目がコンパスの頭に感じるようになる」という傾向があって、ブレリアのテンポでは12拍目をリズムの頭にとったほうが圧倒的にやりやすくなります。

ブレリアのコンパスのカウント

ブレリアのフレーズの中には、1拍目から乗っかるソレアベースのものもありますが、12拍目を頭にとるフレージングのほうが圧倒的に多くなるため、習慣的に12から数えます。

フラメンコをはじめて日が浅い人は「なんで12から数えるの?」という疑問にぶつかると思うんですが、これはブレリアの元ネタであるソレアを基準にしたカウントで数えてるからですね。

ブレリアのコンパスのカウントに関してはメディオコンパスも多いし、必ずしもソレアベースの12からのカウントが最適とは思えませんが、ソレアからの連続性を考えると、12からのカウントも理解しておく必要はあると思います。

そういうわけで、ここでも12を頭とする書き方で書いていきます。

メディオコンパスは12を頭として5までのカウントで書きますが6から11までのカウントで数えても構いません。

カウント方法は本人が12拍のサイクルをちゃんと把握できていれば、どんな数え方でも構いませんが、他の人に伝えるときは12からのカウントが一番無難です。

ブレリアのコンパスの基本型

ブレリアの基本的なコンパスを大まかに分類すると以下のようにになります。

12拍のパターン

まず、フラメンコの手引き書などにのっている典型的な12拍のパターンを解説します。

ソレアベースの1拍目を頭に感じるコンパス

数あるブレリアのリズムパターンの中で、原型であるソレアのノリが残っているものです。

ソレア・ポル・ブレリアアレグリアスを速回ししたようなリズムで、フレーズはソレアと同じく1拍目から入ります。

アクセントの付き方もソレポルやアレグリアスと同様で、下記の2つが典型的なものです(○がついた数字がアクセント拍)。

1 2 ③ 4 5 ⑥ 7 ⑧ 9 ⑩ 11 ⑫
1 2 ③ 4 5 6 ⑦ ⑧ 9 ⑩ 11 ⑫

踊りのジャマーダもこの1から入るパターンが多いですが、その場合は1と2も強調されたりします。

① ② ③ 4 5 ⑥ 7 ⑧ 9 ⑩ 11 ⑫

3.3.2.2.2型

このパターンは、グアヒーラペテネーラと同様のコンパスです。

上記のソレアベースのコンパスの12拍目を頭にとったもので、フレーズは12拍目から入ります。

⑫ 1 2 ③ 4 5 ⑥ 7 ⑧ 9 ⑩ 11

メディオコンパス(6拍子)のパターン

ブレリアのリズムパターンのうち、12拍で数えるものは上記2つのパターンが基本ですが、実際の演奏では、もっと色んなパターンが組合わさって来ます。

そういうリズムバリエーションを全部12拍で把握しようというのは少々無理があります。

そこで、ブレリアのコンパスをメディオコンパス単位に分解してみます。

ブレリアのコンパスについては、実際の運用上はメディオコンパス=6拍子でとったほうが遥かに楽で融通がききますので。

ブレリアのメディオコンパスパターンは、いくつかの型に分けられますので、順に紹介していきます。

なお、コンパスカウントはソレアの12カウントの前半部分(12から5まで)を使っていますが後半部分(6から11まで)を使ってカウントしても構いません。

3拍子型

12または6から入って3拍単位でフレージングしていくコンパスです。

⑫ 1 2 ③ 4 5

ちなみに、フレージングの頭拍を変えて下のようなとりかたにすると、ソレアの基本パターンの1つである「3拍目が強い3拍子」になります。

1 2 ③ 4 5 ⑫

2分の3拍子型

12または6から入って2拍単位でフレージングしていくコンパスです。

⑫ 1 ② 3 ④ 5

弱起の2分の3拍子型

上記の2分の3拍子型の変化で、頭を一拍あけるような感じです。12または6から入ります。

12 ① ② 3 ④ 5

後ろの拍が強い2分の3拍子

2分の3拍子型の強拍と弱拍が逆転したものです。12または6からです。

12 ① 2 ③ 4 ⑤

ジャマーダで使うパターン

踊りのジャマーダなどで1、2、3拍目を強調するパターンがよくあります。

このパターンは原則として12拍コンパスの前半部分で使われます。

12 ① ② ③ 4 5

全てのブレリアのコンパスはメディオコンパスで把握

こうやってブレリアのコンパスを分解してみると、最初に挙げた12拍のパターンも、その後に挙げたメディオコンパスのパターンの組み合わせで表現できる、ということにお気づきでしょうか?

実はこれら数個のメディオコンパス基本パターンの組み合わせで、ほとんどのブレリアのコンパスが説明可能です。

ただし、それはあくまで基本的なベースリズム(=パルマの叩きかた等)ということであって、実際のフレージングはその上で可能な限りの縦横無尽なことになるため、ケースバイケースの対応になります。

なお、今回解説したブレリアのコンパスのとりかたをベースにして、さらにブラッシュアップした「コンパスサイクル理論・6サイクルコンパス」というものを、こちらの記事で解説していますので、是非ご一読下さい。

ブレリアの調性

ブレリアはポルメディオ(+同主調のAメジャーキーとAマイナーキー)の調性で演奏されるのが最も一般的ですが、とくに決まりがあるわけではなく、ポルアリーバ(+同主調のEメジャーとEマイナー)も多いし、どんなキーでも演奏されます。

ポルメディオで演奏する場合は、カポタストの位置は、女性歌手なら4カポ(実音C♯スパニッシュ)、男性歌手ならカポなし(Aスパニッシュ)あたりが中心になります。

ソレポル、シギリージャ、タンゴなど、他のポルメディオ形式も似たような音域の歌なので、カポの位置もだいたい同じです。

ブレリアの歌

ブレリアの歌はバリエーションが多く、ここで全部の解説をするのは無理ですが、最も基本的なのはソレアの進行がベースになったものです。

ソレアベースといっても、ソレアやソレポルよりバリエーションが多彩で、まとめるのも難しいのですが解説を試みてみます。

ソレアベースのブレリアの基本

ソレアベースのブレリアの歌には、いくつかの分岐ポイントがありますので、そこから解説いたします。一般的なポルメディオのキーで書きます。

歌の1節目での分岐

音程的には歌の最初の一節がDmやB♭やCやE7に行くものと、Aのままのものがあり、サイズ的には1節目を1コンパスで歌うものと2コンパスかけて歌うものがあります。

歌の2節目での分岐

2節目でさらに違うコードに行くものと、行かないものがあります。

例えば1節目でDm、2節目でE7やCに行くものもあれば、2節目は1節目の繰り返しだったり、飛ばしてエストリビージョに行くものもあります。

ここまで、エストリビージョに入るまでに、だいたい2コンパスから4コンパスの場合が多いですが、1節目と2節目の間を少し空けたりする場合もあるし、このあたりは半コンパス単位で変化すると思っていたほうが良いです。

エストリビージョでの分岐

ソレアベースのブレリアのエストリビージョ(サビ、締めくくり)は「C7→F→B♭→Aの2回繰り返しで4コンパス」というソレアやソレポルと同様のパターンが多いですが、代理コード的バリエーションとしてD7→Gm7→B♭→Aとか、単純化してC→B♭→Aとか、B♭→Aなどとする場合もあります。

最後、Aに落ちがつく前のB♭のところは、メディオコンパス単位で歌い手が落ちをつけるのを待ったりするので、サイズも不定形です。

エストリビージョ部分の繰り返しもあったり無かったり。

こんな感じで、ソレアベースといってもソレアやソレポルに比べて変化しやすいので、より柔軟な対処が必要になってきます。

ブレリアの歌のコード進行例

代表的なソレアベースの歌のコード進行例をあげておきます。

ソレアやソレポルでは1節目と2節目は同じメロディーを繰り返す場合が多いですが、ブレリアは変化が増えます。

ソレアのコンパスでいう12拍目を頭に3拍子で記載、1段1コンパス、○はコードチェンジ無しの拍です。複数の可能性があるコードは「,」で区切って記載。

コードの変わり目は9拍目で表記してあるものは、全て6拍目から前倒しで変わることもあります。

同じように3拍目で表記しているものは12拍目(コンパス頭)から前倒しで変わることもあります。

キーはポルメディオ=Aスパニッシュ調で書きます。

1節目
|A7 ○ ○|○ ○ ○|○ ○ ○|○ (Dm,B♭,E7,C)○|
|○ ○ ○|○ ○ ○|○ ○ ○|○ (Dm,B♭,E7,C)○|(この段が無い場合もある)

ここで半コンパスか1コンパス空ける場合もある

2節目
|A7 ○ ○|○ ○ ○|○ ○ ○|○ (Dm,B♭,C,E7)○|
|○ ○ ○|○ ○ ○|○ ○ ○|○ (Dm,B♭,C,E7)○|(この段が無い場合もある)

エストリビージョ(サビ)
|○ ○ ○|C7,B♭ ○ ○|○ ○ ○|F,B♭ ○ ○|
|○ ○ ○|B♭ ○ ○|○ ○ ○|A7 ○ ○|
|○ ○ ○|C7,B♭ ○ ○|○ ○ ○|F,B♭ ○ ○|(この段が無い場合もある)
|○ ○ ○|B♭ ○ ○|○ ○ ○|A7 ○ ○|(この段が無い場合もある)

※全編にわたって半コンパス単位で変化することがあるので注意。

ディグリー(度数)表記版

1節目
|Ⅰ7 ○ ○|○ ○ ○|○ ○ ○|○ (Ⅳm,♭Ⅱ,Ⅴ7,♭Ⅲ)○|
|○ ○ ○|○ ○ ○|○ ○ ○|○ (Ⅳm,♭Ⅱ,Ⅴ7,♭Ⅲ)○|(この段がない場合もある)

ここで半コンパスか1コンパス空ける場合もある

2節目
|Ⅰ7 ○ ○|○ ○ ○|○ ○ ○|○ (Ⅳm,♭Ⅱ,♭Ⅲ,Ⅴ7)○|
|○ ○ ○|○ ○ ○|○ ○ ○|○ (Ⅳm,♭Ⅱ,♭Ⅲ,Ⅴ7)○|(この段が無い場合もある)

エストリビージョ、サビ部分
|○ ○ ○|♭Ⅲ7,♭Ⅱ ○ ○|○ ○ ○|♭Ⅵ,♭Ⅱ ○ ○|
|○ ○ ○|♭Ⅱ ○ ○|○ ○ ○|Ⅰ7 ○ ○|
|○ ○ ○|♭Ⅲ7,♭Ⅱ ○ ○|○ ○ ○|♭Ⅵ,♭Ⅱ ○ ○|(この段が無い場合もある)
|○ ○ ○|♭Ⅱ ○ ○|○ ○ ○|Ⅰ7 ○ ○|(この段が無い場合もある)

※全編にわたって半コンパス単位で変化することがあるので注意

ソレアベースではない歌について

ソレアベース以外のブレリアの歌については、もう本当にケースバイケースです。例えばですが、下のようなものがあります。

  • メジャーキーのカンティーニャス様のもの
  • ロマンセ(古い語り歌。ヒターノの間で伝承されてきた物語を歌にしたもの)のメロディー
  • 踊りの後歌などに使われる、各形式固有のメロディーをブレリアにしたもの
  • 各歌手のオリジナルなもの

こんな具合で、何でもブレリア化して歌われるため、コード進行もその元ネタに合わせて変化します。

ハレオス(Jaleo,Jaleos)

エストレマドゥーラ地域で歌われるブレリアをハレオ(Jaleo)、ハレオス(Jaleos)と呼んで別形式扱いにすることがあります。

ハレオスの元ネタはエストレマドゥーラ地方土着の民謡で、コード進行なども独自のフォーマットがあります。

そのコード進行を簡単に言うと、メディオコンパス単位でコードが5度進行や下降進行するものです。

ちなみに、これの2拍子バージョンは、タンゴス・エストレメーニョス、タンゴ・デ・エストレマドゥーラと呼ばれます。

タンゴの形式紹介でタンゴス・エストレメーニョスの特徴やコード進行について書いていますが、コード進行に関してはハレオスもほぼ同様の展開となります。元歌が同じ民謡のメロディーだったりするので。

ブレリアのギターコード

ブレリアでのギターのコードワークは、ファルセータやギターソロなら全く自由ですが、歌が入ると歌の変化に即応するためにシンプルなコードで伴奏する傾向があるんではないでしょうか。

ブレリアのマルカールの弾きかた

ブレリアのマルカールはリズム表現と即応性を最優先するため、あまりコードは動かしません。

基本は、B♭とAの2コードです。

上手くまとめられるのであれば、いろいろ動かすのもアリと思いますが、メディオコンパス単位の区切りの中で誰が何をやってくるかわからない状況下では「下手に音楽的展開をつけてしまうと即応性が下がって失敗しやすくなる」という事情があるので、こういう形になっていると思われます。

ブレリアのコードの変わり目

ソレアやソレポルは、1拍目、3拍目、10拍目にコードチェンジポイントが来ますが、ブレリアの場合以下のようになります。

  • 12拍目(12で始まるフレーズ場合)
  • 1拍目(ソレア的なとりかたの場合)
  • 3拍目
  • 6拍目
  • 10拍目

このなかだと、6拍目のコードチェンジがポイントになってきます。

12拍子で数えた場合のブレリアの6拍目はメディオコンパスフレーズの頭拍となる他、6拍目でフレーズが解決する場合もあって、その場合、グアヒーラ・ペテネーラ系形式のフレージングと同様となります。

ブレリアのフレージング

ブレリアにおけるギターやカンテ、サパテアードなどのフレージングは下の2つが基本になります。

  • 12や1から入って、ソレアやソレポルと同様10に解決するフレージング
  • グアヒーラやペテネーラと同様に6にメロディーが解決するフレージング

ただし、ソレアやソレポル、グアヒーラなどに比べてメディオコンパス単位でのバリエーションが豊富で、コンパスをまたぐフレージングも多くなります。

前のコンパスから数拍食い込んで入ったり、逆に数拍あけて入ったり、フレーズの最後も8や9あたりで終わったり、11ウラや12まで行ったり、とにかく遊びが多いです。

――今回の記事だけで、ブレリアという形式を全て理解していたただく、というのは難しいと思いますが、ブレリアという形式は「即興的にどれだけのバリエーションを展開して遊べるか?」というところに重きを置いて発展してきた結果、ああいう一見複雑な形になっている、という事はご理解いただけたでしょうか?

フラメンコ音楽論 前回

カンティーニャス・アレグリアス(Cantiñas,Alegrias)【フラメンコ音楽論11】
フラメンコ音楽論第11回講座は、カンティーニャス系の形式解説です。代表形式であるアレグリアスを中心にコンパスの特徴、踊り・歌の構成も解説しています。

フラメンコ音楽論 次回

カーニャ(Caña,La Caña)【フラメンコ音楽論13】
フラメンコ音楽論第13回は、民謡系12拍子形式であるカーニャを紹介します。カーニャの独自フレーズや歌の分析、ソレア・ソレポルとの違いなどを書きました。

コメント