3.3.2.2.2型コンパスとグアヒーラ(Guajira)【フラメンコ音楽論16】

フラメンコ音楽論では前回まで12拍子系の形式をやってきましたが、今回から12拍子系の近縁リズム形式である変拍子系に入ります。

今回は「3.3.2.2.2型コンパス」の概要と、その代表形式であるグアヒーラの解説です。

変拍子系のコンパスについて

ここで言う変拍子系のコンパスは12拍子の一種と考えることもできます。

変拍子系のコンパスは12拍子と同じく12拍のサイクルのなかに5つのアクセントを持つリズムですが、12拍子と異なり「アクセントとアクセントの間を1拍としてカウントする」ことが多いです。

その場合、1拍の長さが不均等な変則5拍子ということになるので「変拍子系」というカテゴリーにしました。

変則5拍子系のコンパスは大別して2種類あります。

このように拍数を合計すると、どちらも12拍になるので12拍子のバリエーションと考えることもできますが、ソレア系の12拍子とは色々と異なる点があるのでカテゴリーを分けました。

今回はブレリアの一種とも捉えられるリズムサイクルの「3.3.2.2.2型コンパス」をやります。

3.3.2.2.2型コンパス

フラメンコの変拍子系形式は譜面にすると3/4拍子と6/8拍子の複合拍子で書かれることが多いですが、今回扱う3.3.2.2.2型の実態としては「ブレリアのたくさんあるリズムパターンのうち、一つの型に固定化したようなコンパス」です。

12拍子でのカウント

3.3.2.2.2型のコンパスのカウント方法ですが、踊りの人は12、1、2、とブレリア式にカウントしたりします。

グアヒーラ、ペテネーラの踊りの振りは12拍子系からの流用が多いためです。

ブレリア式のカウントを書くと以下の通りです。

⑫ 1 2 ③ 4 5 ⑥ 7 ⑧ 9 ⑩ 11
※○の付いた数字がアクセント拍

リズムパターンとしては、ブレリアにも全く同一のものがありましたよね。

変則5拍子でのカウント

3.3.2.2.2型のもう一つのカウント方法は「1拍目と2拍目が長い5拍子」としてカウントするやり方があります。

① ○ ○ ② ○ ○ ③ ○ ④ ○ ⑤ ○

カウント方法はこのように2種類ありますが、要するに「3拍、3拍、2拍、2拍、2拍」というアクセントのサイクルを持つリズムです。

3.3.2.2.2型で演奏される形式

このコンパスで演奏される形式は以下の2つが代表的です。

  • グアヒーラ(メジャーキー)
  • ペテネーラ(ポルアリーバ)

これらの歌は起源も全然違うわけですが、例によって3拍子の歌に12拍子系のコンパスを後付けしたものと思われます。

クリスマスソングのカンパニジェーロス(Campanilleros)も、このコンパスで演奏されることがあります。

3.3.2.2.2型と12拍子系の違い

グアヒーラ(3.3.2.2.2)とアレグリアス(12拍子)、ペテネーラ(3.3.2.2.2)とソレア(12拍子)。これらは似ていますが、最大の違いはコンパスへのメロディーの乗せ方です。

12拍子系は「1または12から入って10に解決するフレージング」が基本ですが、3.3.2.2.2型はブレリア式カウントで言うと「12から入って6に解決するフレージング」が主体です。

従ってコードの変わり目も12拍目と6拍目となります(3拍目で経過コードが入ることも多い)。

メロディは6拍目に解決しますが、締めくくりはブレリアと同様10拍目で、ジャマーダも10で止まります。

12拍子系ではコンパスもフレージングも多彩な変化がありますが、3.3.2.2.2型はそれに比べると固定的です。

以下に3.3.2.2.2型コンパスの形式の中で演奏頻度が高いグアヒーラをご紹介します。

グアヒーラ形式概要

単数形:Guajira
複数形:
Guajiras
主な調性:
Aメジャーキー
テンポ:
130BPMから200BPM

グアヒーラは中南米風のメロディーをもち「逆輸入系形式」と呼ばれています。

逆輸入系形式はグアヒーラの他に、コロンビアーナ、ミロンガなどがありますが、これらは共通の慣用句や節回しがあります。

逆輸入系形式の起源は、中南米のスペイン植民地からの引き上げ移民が伝えたメロディーがフラメンコに取り入れられたものと言われています。

グアヒーラとコロンビアーナの関係

グアヒーラとコロンビアーナは同じような節回しですが、元になった歌は同じで、3拍子で演奏したものがグアヒーラ、2拍子で演奏したものがコロンビアーナに分化したものと思われます。

注意したいのは踊りの後歌(マチョ)のブレリアです。

コンパスは12拍子・3拍子系ですが、コロンビアーナの歌詞・メロディーを使うことが多く、ここで歌われるブレリアは習慣的に「コロンビアーナ」と呼ばれます。

グアヒーラのキー

キーは主にAメジャーキーで演奏されます。

カポタストの位置は女性歌手なら4カポ(実音C♯メジャーキー)、男性歌手ならカポ無し(Aメジャーキー)あたりが多いです。

グアヒーラのテンポ

グアヒーラのテンポですが、歌のソロの場合は速めのテンポの演奏が多く、130BPMから200BPMあたりが中心です。

アレグリアスからゆっくりしたブレリアくらいですね。

踊りが入るとレトラの部分は少しゆっくりになって100BPMから150BPMくらいが中心です。

踊りの後歌はブレリアの速さになりますが、リズムパターンとしては「3.3.2.2.2型を中心としたブレリア」という感じで、踊りの振りなんかは、ほぼブレリアそのものです。

グアヒーラのギターコード

以下にグアヒーラのコードワークの特長を挙げてみます。

  • ルートコードでのM6→m6の落ちの付け方(潜在的にⅣ→Ⅴ7♭9の動きが入る)
  • 3コード以外の代理コードやパッシングディミニッシュの多用(パコ・デ・ルシア以降普及)

だいたいこんな傾向があり、3コード中心のカンティーニャス・アレグリアス系より柔らかい音使いになります。

グアヒーラの歌

グアヒーラの歌はだいたい決まった展開をしますが、それなりにバリエーションもあります。

コード進行の特徴としては、3コードのⅣの代理としてⅡm7が用いられます。2節目のF♯7→Bm7のところですね。

以下に最も代表的なパターンを挙げておきす。

変則5拍子の1拍目=ブレリアでいう12拍目を頭にした3拍子で記載。1段で1コンパス。○はコードチェンジ無しの拍です。キーはAメジャーキーで書きます。

|A ○ ○|E7 ○ ○|A ○ ○|○ ○ ○|

コンテスタシオン(無い場合もある)

|A ○ ○|F♯7 ○ ○|Bm7 ○ ○|○ ○ ○|

|○ ○ ○|F♯7 ○ ○|Bm7 ○ ○|○ ○ ○|
|E7 ○ ○|○ ○ ○|A ○ ○|○ ○ ○|
|○ ○ ○|F♯7 ○ ○|Bm7 ○ ○|○ ○ ○|
|E7 ○ ○|○ ○ ○|A ○ ○|○ ○ ○|

この後、2コンパスから4コンパス程度のエストリビージョがつくこともあります。

ディグリー(度数)表記版

|Ⅰ ○ ○|Ⅴ7 ○ ○|Ⅰ ○ ○|○ ○ ○|

コンテスタシオン(無い場合もある)

|Ⅰ ○ ○|Ⅵ7 ○ ○|Ⅱm7 ○ ○|○ ○ ○|

|○ ○ ○|Ⅵ7 ○ ○|Ⅱm7 ○ ○|○ ○ ○|
|Ⅴ7 ○ ○|○ ○ ○|Ⅰ ○ ○|○ ○ ○|
|○ ○ ○|Ⅵ7 ○ ○|Ⅱm7 ○ ○|○ ○ ○|
|Ⅴ7 ○ ○|○ ○ ○|Ⅰ ○ ○|○ ○ ○|

このあと2コンパスから4コンパス程度のエストリビージョがつくこともあります。

なお、踊りの後歌のコロンビアーナでは、本歌(レトラ)ではあまり使用しないⅣコード=Dが頻繁に使われます。

フラメンコ音楽論 前回

ソロンゴ・ロマンセ・アルボレア【フラメンコ音楽論15】
フラメンコ音楽論では前回までで12拍子系のメジャー形式を網羅しましたが、今回は12拍子系の補完記事として、ソロンゴ、ロマンセ、アルボレアの3形式を解説します。

フラメンコ音楽論 次回

ペテネーラ(Petenera)【フラメンコ音楽論17】
フラメンコ音楽論第17回は、前回から引き続き「3.3.2.2.2型コンパス」の形式ですが、今回はポルアリーバで演奏されるペテネーラを紹介いたします。

コメント