グアヒーラPart1(Guajira1)【YouTubeファルセータ集14】

グアヒーラ Part1
↑クリックで動画再生

YouTubeファルセータ演奏動画シリーズ第14弾はグアヒーラです。

今回2つのファルセータを演奏していますが、1つ目はセラニートの有名ファルセータのトレモロアレンジ、1つ目は詳細不明ですが、とても気に入っていて長年弾いているものです。

グアヒーラ形式について

グアヒーラはブレリアアレグリアスに似たコンパスですが、3.3.2.2.2型の変則5拍子です。

12拍子でも数えられるので、そうするとブレリアの一部パターンと同じコンパスになります。詳しくは下の形式解説をどうぞ。

グアヒーラ形式解説

3.3.2.2.2型コンパスとグアヒーラ(Guajira)【フラメンコ音楽論16】
フラメンコ音楽論では、今回から変拍子=変則5拍子系の形式解説に入りますが、まずは3.3.2.2.2型コンパスの概要と代表形式であるグアヒーラの解説をします。

では、今回演奏しているファルセータを個別に解説していきます。

1つ目のファルセータ【V.M.セラニート】

たまには古風なものを、ということで、ビクトル・モンヘ・セラニート(Victor Monge Serranito)のファルセータです。

セラニートは1970年代から1980年代頃はパコ・デ・ルシア、マノロ・サンルーカルとともにフラメンコギター界のトップを張っていた人です。

驚異的なテクニックの持ち主で、imaの3指を駆使した超速音階がトレードマークでした。

このファルセータ、元ネタは結構有名なものと思いますが、踊り伴奏用のテンポにアレンジしています。

前半部分はトレモロを使ってアレンジ。

2つ目のコード、E7代理のディミニッシュは結構昔から使われてますよね。コード機能としてはドミナントですが、構成音的にサブドミナントマイナーに近い働きをしてると思います。

最後のほうの締めくくりフレーズはDm6→A6→E7→Aという動きで、こちらはもろにサブドミナントマイナーですね。ここはセラニート式にima3指を使ってアポヤンドの修飾をいれています。

グアヒーラって、昔からこういう「コードの中の1音だけマイナー」みたいな音使いが多かったように思います。

タンギージョ・デ・カディス、タンゴ・デ・マラガ、ファルーカ等は、メロディーラインごとハッキリと同主調にいきますが、そういうものより微妙な変化ですね。

2つ目のファルセータ

2つ目のファルセータは詳細不明です。

元ネタは自分の記憶によると、2000年頃(多分)ギタリストの高津ゆうじさんと仕事をした時、お互いの手持ちファルセータを出しあって合わせたんですが、その時におぼえたものです。

ただでさえウロ覚えのものを、色々勝手にアレンジを加えて弾いているので、元ネタとは全く異なっていると思います。

でも、このファルセータ凄く好きなのでよく弾くんですよね。

右手のテクニックはピカードアルペジオ、トレモロなど結構バラエティーをつけてます。

コードボイシングに関しては、原版は違ったと思いますが、2コンパス目、4コンパス目頭のD69(♯11)がポイントですね。

そして最後はやはりDm7コードが出て来てサブドミナントマイナーに行ってます。グアヒーラの雰囲気に良く合うんですよねー。

コメント