タンゴ・デ・マラガ(Tango de Malaga)【フラメンコ音楽論26】

今回のフラメンコ音楽論は、港町マラガのタンゴであるタンゴ・デ・マラガをご紹介します。

タンゴ・デ・マラガは一般的なタンゴと異なり、マイナーキーを基調に演奏されるのが特徴です。

タンゴ・デ・マラガ形式概要

単数形:Tango de Malaga
複数形:
Tango de Malaga
主な調性:
Aマイナーキー/Aメジャーキー
テンポ(歌):
100BPMから140BPM
テンポ(踊り):
70BPMから100BPM

タンゴ・デ・マラガは踊りの形式としてかなりの演奏頻度がありますが、ティエント同様に女性向けの踊りとされています。

「マイナーキーのゆっくりした2拍子」ということで、ファルーカと似ていますが、ファルーカは男性向けの踊りとされていて、コンパスの感じも少し違います。

簡単に言うと、ファルーカのほうが男性的で四角いコンパスで、タンゴ・デ・マラガはそれに比べると丸みのある表現となります。

タンゴ・デ・マラガとファルーカとの違いは、ファルーカの紹介記事で詳述していますので、そちらをご覧下さい。

タンゴ・デ・マラガの調性

タンゴ・デ・マラガは主にAマイナーキーで演奏され、マルカールやサパテアードの伴奏、ファルセータなどはAマイナーキーで弾かれますが、歌はAメジャーキーとポルメディオ(Aスパニッシュ)が混じることがあります。

カポの位置は、女性歌手なら4カポか5カポ(実音C♯マイナーキーからDマイナーキー)、男性歌手ならカポ無しから2カポ(実音AマイナーキーからBマイナーキー)あたりが中心です。

タンゴ・デ・マラガのコンパス

タンゴ・デ・マラガは、原則的にはティエントをマイナーキーでやったような感じになりますが、ティエントよりはタメたり粘らせたりする度合いが少ないです。

とくに踊りが入ると正テンポに寄るので、ギターの演奏はファルーカやタラントに接近します。

タンゴ・デ・マラガはタンゴがベースとなった形式なので、ファルーカにくらべて偶数拍(2,4,6,8拍目、バックビート)が強い傾向で、ファルーカより柔らかく立ち上がるコンパスです。

「1コンパス8拍で、7が締めくくり」「フレーズやコードは1と5で変わる」というのは他のタンゴ系形式と同様です。

テンポはティエントとほぼ同じくらいで、踊りが入る場合テンポは70BPMから100BPMくらい。カンテソロだとティエントみたいに粘るリズムが増えて、テンポも少し速くなって、100BPMから140BPMくらいです。

タンゴ・デ・マラガやティエントの踊り伴唱のゆっくりの歌い方は踊り用に後から発展したもので、原形のカンテはタンゴに近いテンポでした。これはソレア、グアヒーラ、シギリージャ、ガロティンなども同様です。

タンゴ・デ・マラガの歌

タンゴ・デ・マラガの歌は、マラガの歌い手、エル・ピジャージョ(El Piyayo)が創唱したものが代表的で、上で書いた通りAマイナーが基調ですが、Aメジャーやポル・メディオ(Aスパニッシュ)が混じってきます。

タンゴのときに解説したタンゴ・デ・トリアーナのうち、Aマイナーキー+Aメジャーキーで演奏されるタイプのものに類似しますが、恐らく、タンゴ・デ・カディス(カディス)→タンゴ・デ・トリアーナ(セビージャ)→タンゴ・デ・マラガ(マラガ)という順で、西端のカディスから東側へ伝播していったものと思われます。

マイナー/メジャー型のタンゴ・デ・トリアーナはメロディーラインや構成がタンゴ・デ・マラガにかなり近いので、この2つの歌は同じ要領で伴奏できます。

タンゴ・デ・マラガの歌のコード進行

タンゴ・デ・マラガの、踊り伴唱でよく演奏される歌の進行をご紹介します。

コードネームひとつが4拍=1小節ですが、1小節に複数コードが入る場合は「/」で区切って記載。1段1コンパス=8拍。キーはAマイナーキーです。

Am/E7 Am

コンテスタシオン(無い場合もある)

Am/A7 Dm
Dm/A7 Dm

(Dm/)E7 Am
(B7/)E7 Am
(Dm/)E7 Am
(B7/)E7 Am

※()がついている所は最初からE7を弾くこともあるし、DmやB7やFでモーションをかける場合もあります。そのへんは歌い手の歌い方にもよります。

ディグリー(度数)表記版

Ⅰm/Ⅴ7 Ⅰm

コンテスタシオン(無い場合もある)

Ⅰm/Ⅰ7 Ⅳm
Ⅳm/Ⅰ7 Ⅳm

(Ⅳm/)Ⅴ7 Ⅰm
(Ⅱ7/)Ⅴ7 Ⅰm
(Ⅳm/)Ⅴ7 Ⅰm
(Ⅱ7/)Ⅴ7 Ⅰm

※()がついている所は最初からⅤ7を弾くこともあるし、ⅣmやⅡ7やFでモーションをかける場合もあります。

後歌のタンゴ

タンゴ・デ・マラガの踊りの後半はタンゴのコンパスになりますが、大体決まった歌が歌われます。

最も一般的と思われるもののコード進行を2パターン書いておきます。

コードネームひとつが4拍=1小節ですが、1小節に複数コードが入る場合は「/」で区切って記載。1段1コンパス=8拍。キーはAマイナーキーです。

本歌に繋げる形でよく歌われるもの

Am/E7 Am
Am/A7 Dm
Dm/A7 Dm
Dm/A7 Dm

Dm/E7 Am
E7 Am
(Dm/)E7 Am
E7 Am

ディグリー(度数)表記版

Ⅰm/Ⅴ7 Ⅰm
Ⅰm/Ⅰ7 Ⅳm
Ⅳm/Ⅰ7 Ⅳm
Ⅳm/Ⅰ7 Ⅳm

Ⅳm/Ⅴ7 Ⅰm
Ⅴ7 Ⅰm
(Ⅳm/)Ⅴ7 Ⅰm
Ⅴ7 Ⅰm

1つ目のタンゴでよく歌われる歌

Am Am
E7 Am

コンテスタシオン(無い場合もある)

Am Am
E7 Am
E7(またはAm)Am

Dm Am
E7 Am
E7 Am(アイレ、レレレー)
E7 Am

ディグリー(度数)表記版

Ⅰm Ⅰm
Ⅴ7 Ⅰm

コンテスタシオン(無い場合もある)

Ⅰm Ⅰm
Ⅴ7 Ⅰm
Ⅴ7(またはⅠm)Ⅰm

Ⅳm Ⅰm
Ⅴ7 Ⅰm
Ⅴ7 Ⅰm(アイレ、レレレー)
Ⅴ7 Ⅰm

ここでは基本形ということで、上であげた3つの歌は、いずれも同主調転調が無いパターンで書いてますが、Am(Ⅰm)の部分がA(Ⅰ)に変化することがあります。

さらにポルメディオが絡む場合はE7(Ⅴ7)のかわりにB♭(♭Ⅱ)を使います。

ちなみに、タンゴ・デ・トリアーナにも、ほぼ同様の転調をする歌があります。

フラメンコ音楽論 前回

ティエント(Tiento)【フラメンコ音楽論25】
フラメンコ音楽論第25回は、独特のタメの効いたコンパスが特徴のティエント形式です。「タメ」の解析、踊り伴奏時の倍速テンポへの切り替えについても書いています。

フラメンコ音楽論 次回

タンギージョ(Tanguillo)【フラメンコ音楽論27】
フラメンコ音楽論第27回はタンゴのバリエーションの一つであるタンギージョを紹介しますが、伝統的なものとモダンスタイルでは全く違うリズムに聴こえる形式です。

コメント