ブログとWebsiteを統合しました。このブログはリンクフリーです。(2019年9月26日更新)

タンギージョ(Tanguillo)【フラメンコ音楽論27】

ダンゴ系の形式を解説してきましたが、今回はダンゴ系の中でも異色のコンパスといえるタンギージョを解説します。

タンギージョは伝統的なダンゴを早回ししたようなものと、1980年代頃から盛んに演奏されはじめた3連符を基本にしたモダンスタイルのものがあります。

モダンスタイルのタンギージョは、カマロンの1983年のアルバム『Calle Real』の一曲目『Romance de la luna』が象徴的ですが、伝統的なダンゴベースのコンパスとは全く別物に聴こえると思います。

今回はそのへんがどうなっているのか、解説していきます!

タンギージョ形式概要

単数形 Tanguillo
複数形 Tanguillos

タンギージョは形式名からもわかる通り、ダンゴの派生形式で、カディスが発祥の地と言われています。

上で述べた通り、伝統的なスタイルのコンパスと3連符を基本にしたモダンなスタイルに大別できますが、その中間的なものもあります。

タンギージョの調性

ダンゴからの派生なので、本来はミの旋法が主体になる形式です。

なんですが、日本でも踊りの入門形式としてよく演奏される伝統的なタンギージョに、タンギージョ・デ・カディスというのがあって、これはAマイナー(あるいはポル・アリーバ)とAメジャーの複合調で演奏されます。

とくに日本ではタンギージョ=メジャーマイナー複合調の伝統的なタンギージョ・デ・カディス、というイメージが強いかもしれません。

タンギージョ・デ・カディスに限らず、カディス生まれの歌は長調・短調の同主調転調を生かした歌が多いですよね。

ミの旋法で演奏される場合は、ダンゴを基本にするのでポル・メディオが多いです。

モダンスタイルのタンギージョはいろんなキーでやりますが、やはりポル・メディオが一番多いですね。

カポの位置は、タンギージョ・デ・カディスの場合も、ポル・メディオの場合も
女性4カポ(実音はC#メジャー・C#マイナー・C#スパニッシュ)
男性カポ無し(Aメジャー・Aマイナー・Aスパニッシュ)
くらいの高さです。

タンギージョのコンパス

タンギージョ・デ・カディス含む伝統的スタイルから解説しましょう。

基本的にはダンゴを早回ししたコンパスです。
テンポは速く、220~320BPMくらいになります。

リズムパターンはタラントでやるような4分音符1つ+8分音符2つ、という音型を速いテンポで演奏したリズムがベースになります。
4拍目にアクセントがつきます。

タンギージョ1

タンギージョの譜面表記について

ここらで解説しておかなければならないのですが、タンギージョはテンポが非常に速いので、譜面に書く場合、本来のテンポの半分で記載したほうが譜面がスッキリする、という事情があって、半速での記載が主流のようです。
このへんがまた分かりにくくなってるポイントでしょうか。

例えば300BPMでやってるなら4分音符1つ+8分音符2つという音型を、半速記載の譜面では8分音符1つ+16分音符2つになり、テンポは半分の150BPMとなります。

タンギージョ2

以降の解説ではこれを留意してください。

タンギージョのコンパスカウント

基本はダンゴを早回ししたもので、8拍で1コンパス、4拍がメディオコンパスです。

1 2 3 ④ 5 6 7 ⑧

ダンゴとの最大の違いはジャマーダの止まる位置です。

タンギージョはメディオコンパスの頭の5拍目で止まるパターンが多いです。
他のダンゴ系は7拍目なのでそこは違います。

タンギージョ・デ・カディスのジャマーダ

タンギージョ・デ・カディスのジャマーダは決まった弾きかたがあって、2コンパスのパターンで以下のように弾きます。
1段1コンパスで4拍ごとにコードが変わります。

D A
E7 A(2コンパス目の5拍目で終止)

三連符への変化

ティエントをやったときに『粘るリズム』をやりましたが、タンギージョもリズムを粘らせて演奏することが多いです。

具体的には
4分音符1つ+8分音符2つ→2拍3連符に接近

タンギージョ3

半速記載なら
8分音符1つ+16分音符2つ→3連符に接近

タンギージョ4

となります。
曲全体を粘らせて演奏することもあれば、部分的に粘ったり正テンポになったりの場合もあり、粘りかたも正テンポと2拍3連符・3連符の間で微妙な音型になったりします。

この粘ったリズムを2拍3連符・3連符に固定して新しいノリを追及したものが、以下に解説するモダンスタイルのタンギージョになります。

モダンスタイルのタンギージョ

発生学的には上の通りなんですが、曲の全部を2拍3連符・3連符ベースで演奏されるモダンスタイルのタンギージョは普通に聴くと6/8拍子もしくは3拍子系に聴こえます。

タンギージョ5
これらは全部同じ音型を違う記譜方法で書いたものです。

タンギージョ6

こう感じるとソレポルとかアレグリアスみたいに聴こえます。

このリズムは3連符の2拍子・4拍子もしくは、6/8拍子でとらえることができます。

モダンスタイルのタンギージョの譜面はあまり目にしたことはありませんが、この二通りの記譜法があることを知っておいてください。

半速記載で4拍子の3連符

タンギージョ7

|① ○ ○|② ● ○|③ ○ ○|④ ● ○|
これで1コンパス、ダンゴの8拍相当

6/8拍子

タンギージョ8

|1 2 3|4 ⑤ 6|1 2 3|4 ⑤ 6|
同じくこれで1コンパス、ダンゴの8拍相当

譜面で理解しようとすると逆に難しいですが、1拍に3つ音が入って偶数拍の2つ目の音が強い、というリズムです。

なぜこういう形がスタンダードなものになったのか?というと、ティエントをはじめとする、タンゴ系がもつ『粘る性質』と、後述するカディスの舞踊曲『サパテアード』からの影響が考えられます。

タンギージョのコードワーク

タンギージョのコードワークはダンゴに準じます。
マルカールの弾きかたもダンゴ同様です。

  • メジャーキー Ⅴ→Ⅰ
  • マイナーキー Ⅴ→Ⅰm
  • ミの旋法 ♭Ⅱ→Ⅰ

ダンゴ早回しのとりかたなら4拍、3連符なら3連符2つでコードチェンジするのがスタンダードです。

タンギージョの歌のコード進行

ポル・メディオの歌ならポル・メディオのダンゴがベースになるし、メジャー・マイナーの歌も同様です。

ただし、モダンスタイルは3連化させるためにかなりメロディが変わるので、それにともなってコード進行も変わります。

ここではコード進行が決まっている伝統的なタンギージョ・デ・カディスのコード進行をあげておきます。

コードネーム1つで4拍=メディオコンパ、キーはAマイナーとポル・アリーバとAメジャーの複合調、細かいところは歌いかたによって変わります。

Am Am G F
E7 E7 E7 E7(F)
E7 E7 E7 E7
A A

A A E7 E7
E7 E7 A A
A A7 D D
A A E7 E7

Dm Dm Am Am
G F E7 E7
Dm Dm Am Am
G F E7 E7

A A A E7
E7 E7 E7 A
A A A7 D

D A E7 A
D A E7 A
D A E7 A

ディグリー(度数)表記版

Ⅰm Ⅰm ♭Ⅶ ♭Ⅵ
Ⅴ7 Ⅴ7 Ⅴ7 Ⅴ7(♭Ⅵ)
Ⅴ7 Ⅴ7 Ⅴ7 Ⅴ7
Ⅰ Ⅰ

Ⅰ Ⅰ Ⅴ7 Ⅴ7
Ⅴ7 Ⅴ7 Ⅰ Ⅰ
Ⅰ Ⅰ7 Ⅳ Ⅳ
Ⅰ Ⅰ Ⅴ7 Ⅴ7

Ⅳm Ⅳm Ⅰm Ⅰm
♭Ⅶ ♭Ⅵ Ⅴ7 Ⅴ7
Ⅳm Ⅳm Ⅰm Ⅰm
♭Ⅶ ♭Ⅵ Ⅴ7 Ⅴ7

Ⅰ Ⅰ Ⅰ Ⅴ7
Ⅴ7 Ⅴ7 Ⅴ7 Ⅰ
Ⅰ Ⅰ Ⅰ7 Ⅳ

Ⅳ Ⅰ Ⅴ7 Ⅰ
Ⅳ Ⅰ Ⅴ7 Ⅰ
Ⅳ Ⅰ Ⅴ7 Ⅰ

サパテアード形式について

タンギージョと類似コンパスの形式として『サパテアード』があります。

サパテアードはカディスの民俗舞踊がルーツですが、これが6/8拍子のリズムを持っていて、モダンスタイルのタンギージョはサパテアードからの影響でああいうリズムになった、という可能性が高いです。

サパテアードは踊りの足音のことですが、フラメンコ形式としては主にギターソロで演奏されてきていて「踊りの足音のイメージをギターで表現する」のような意味と思います。

アルペジオや音階を駆使して均等なリズムで切れ目なく弾いていくのが特徴です。

コンパスは構造的にはタンギージョとほぼ同じですが、音型は8分音符1つ+16分音符2つ、または3連符という均等なリズムで演奏され、タンギージョのように割り切れない符割りで粘ったりはしません。

サパテアード

アクセントもタンギージョほど強弱感が無く均一なので、タンギージョのような癖がなく綺麗な3連符の2拍子もしくは6/8拍子に聴こえます。

――次回からダンゴ系以外の二拍子系形式をとりあげていきます。

フラメンコ音楽論 前回

ダンゴ・デ・マラガ(Tango de Malaga)【フラメンコ音楽論26】
フラメンコ音楽論 第26回はタンゴ・デ・マラガ。マラガで発展したマイナーキーのタンゴですが踊りはゆっくりのテンポです。ギターのファルーカとの弾き分けも解説。

フラメンコ音楽論 次回

北部起源系二拍子の基本とガロティン(Garrotin)【フラメンコ音楽論28】
フラメンコ音楽論 第28回は、スペイン北部地方の民謡をルーツにもつ『北部起源系2拍子』の基本解説と、ガロティン(Garrotin)形式の紹介をします。

コメント