一時廃止していたコメント欄を復活させました。このブログはリンクフリーです(2020年8月23日更新)

音楽理論ライブラリー

音楽理論ライブラリー音楽理論ライブラリー

実用的な音楽理論を解説します。音楽理論のうち演奏・アレンジ・作曲などに役立つ部分を、最短で身に付けられるよう独自に構成したものをここに公開いたします。この連載講座の内容は『後藤晃ギター教室』で教えているカリキュラムの一部です。

音楽理論ライブラリー

様々なリズムパターン【音楽理論ライブラリー15】

音楽理論ライブラリーは今回で最終回となります。前回はリズムの基礎を解説しましたが、今回は実施によく使われるリズムパターンや、ジャンルごとの特徴を学習します。
音楽理論ライブラリー

リズムの基礎【音楽理論ライブラリー14】

これまで、音楽の三大要素(メロディー・コード・リズム)のうちコードとメロディー(スケール)についてやってきました。今回からは、残る要素『リズム』を学習します。
音楽理論ライブラリー

リハーモナイズ【音楽理論ライブラリー13】

音楽理論ライブラリー 第13回はリハーモナイズ(コードのつけ直し)を学習します。リハーモナイズはアレンジ(編曲)やアドリブ演奏において重要なテクニックです。
スポンサーリンク
音楽理論ライブラリー

楽曲分析・アナライズ【音楽理論ライブラリー12】

音楽理論ライブラリー 第12回は楽曲分析=アナライズです。今まで勉強した知識を使って楽曲の分析をして、アレンジや演奏に生かす方法を学びます。
音楽理論ライブラリー

民族音階・ブルーノート・モード奏法【音楽理論ライブラリー11】

音楽理論ライブラリー 第11回は一般的な西洋音楽理論の枠から外れる少し特殊なスケールの使い方を学習します。民族音階・ブルーノート・モード奏法などです。
音楽理論ライブラリー

ノンダイアトニックコードスケール【音楽理論ライブラリー10】

音楽理論ライブラリー 第10回はノンダイアトニックなコードに使うスケールです。転調まで行かないものの、基本のキーの音から外れて♯や♭した音が含まれるケースです。
音楽理論ライブラリー

モードとダイアトニックスケール【音楽理論ライブラリー09】

音楽理論ライブラリー第9回。今回からスケール(音階)の学習に入ります。まずはスケールの基本として、モード(旋法)とダイアトニックスケールを解説いたします。
音楽理論ライブラリー

転調について考える【音楽理論ライブラリー08】

音楽理論ライブラリー 第8回は転調についてです。前回は一時的転調ということでノンダイアトニックコードなどをやりましたが、今回はベースのキーが変化するケースです。
音楽理論ライブラリー

ノンダイアトニックコード【音楽理論ライブラリー07】

音楽理論ライブラリー 第7回はノンダイアトニックコードです。音楽の中で臨時記号がついた場合、転調も考えられますが、今回は同じキーで処理できるコードの解説です。