ライブ・出演情報メニューを新設しました。このブログはリンクフリーです。(2019年3月21日更新)
スポンサーリンク

フラメンコ音楽論10~ソレア・ポル・ブレリア(Solea Por Buleria)

スポンサーリンク

ソレア・ポル・ブレリア形式概要

単数形 Solea Por Buleria
この形式は複数形はあまり使われません。
形式名からわかる通り、ソレアとブレリアの中間的なテンポの形式です。

別名ブレリア・ポル・ソレアとも言われますが、

名称の使用頻度はソレア・ポル・ブレリアが多いです。

日本では略してソレポルという通称で呼ばれます。

本稿でも以下略してソレポルと呼びます。

スポンサーリンク

ソレア・ポル・ブレリアのコンパス

ソレポルはコンパス的には

次回取りあげる予定のカンティーニャ・アレグリアス系の形式とほぼ同様で

テンポは130~170BPMくらいです。

強いて言うならカンティーニャス系と比べて

硬質・男性的なコンパスで演奏される印象です。

もともとソレアの歌は今のソレポルに近いテンポでしたが、

踊りが入るようになってから

だんだんゆっくりしたテンポでも歌われるようになってきました。

それと逆にソレアのテンポをもう少し軽快にして

リズムのキレの良さを強調したのがソレポルです。

ソレアはリズムを揺らして演奏されることが多いですが

ソレポルはインテンポでカッチリと演奏されます。

スポンサーリンク

ソレア・ポル・ブレリアの調性

ソレポルは主に『ポル・メディオ』(Aスパニッシュ)で演奏されます。

ポル・アリーバは重厚さやギターコードの微妙な響きを表現するのに適していますが、
ポル・メディオはより軽快なリズムプレイに適しています。

同じ形式でもポル・アリーバでやるのとポル・メディオでやるのでは

コードボイシングやフレージングも変わってくるので雰囲気がかなり変わります。

ソレポルをポル・メディオでやる場合のカポの位置は

女性歌手→4カポ(実音はC#スパニッシュ)前後

 男性歌手→カポ無し(Aスパニッシュ)

が多いです。

ソレポルはポル・アリーバで演奏されることもありますが

その場合、表現がソレアに接近します。

ちなみに、カーニャバンベーラはテンポにもよりますが

歌以外の部分はほぼポル・アリーバのソレポルです。

ポル・メディオでよく使われるコード一覧

コードの表記で実音表記と度数表記を併用しますので

ここでソレポルで最もよく使われるキーである

ポル・メディオでよく使われるコードを実音表記と度数表記でまとめておきます。

本稿ソレア・ポル・ブレリアの解説では実音表記の例は全てポル・メディオで書いています。

A,A7,Am7~I,I7,Im7

 Bb,BbM7,Bb7~bII,bIIM7,bII7

 C,C7~bIII,bIII7

 Dm,Dm7,D7~IVm,IVm7,IV7

 E7~V7(ポルメディオではVm7b5はあまり使わない)

 F,FM7,F7~bVI,bVIM7,bVI7

 Gm,Gm7,G7~bVIIm,bVIIm7,bVII7

スポンサーリンク

ソレア・ポル・ブレリアのフレージングの特徴

ソレポルの音楽的な中身はテンポの速いソレアですが

コンパス感やフレージングはソレアとは少し変わってきます。

コンパスの特徴はソレアと比べて8拍目のアクセントがはっきりしていて

12拍目の比重がやや高くなります。

パルマは3,7,8,10,12にアクセントをつける場合が多く

このリズムは中くらいのテンポの12拍子系では共通のものです。

1  2  ③  4  5  6  ⑦  ⑧  9  ➉  11  ⑫

歌やギターのフレージングは1拍目から入って

10拍目に解決していく、という基本はソレアと同様ですが

コントラ・ティエンポや細かい音符を多用して

テクニカルな印象を強調するものが多いです。

ギターのファルセータでは

ソレアと同様の『三拍目にアクセントがついた三拍子』でとるものから

ブレリアに近いノリで12拍目からのったほうがやりやすいようなものまで

様々なバリエーションがあります。

スポンサーリンク

ソレア・ポル・ブレリアの歌

基本はソレアをポル・メディオでやったものです。

ーーーですが、ソレアと比べてかなり変化が多いです。

コード進行もややブレリアに寄ります。

最初の節でIVm(Dm)やbII(Bb)ばかりではなく

V7(E7)やbIII(C)に行くパターンがソレアよりも増えます。

エストリビージョのC7→F→Bb→Aはほぼ決まりなんですが

そこまでの持っていき方が伝統的なソレアよりバリエーションが多いです。
ですので、伴奏は歌をよく聴いて、その場での判断が求められます。
このへんもソレアとブレリアの中間という感じです。
現代の歌手によるオリジナルな歌も
ソレアより多く創作されている印象です。

歌のIコードに下がっていく『下りフレーズ』のところは

習慣的に表拍で1,2,3を強調するリズムになる場合が多いです。
こういう1拍目の表が強いリズムパターンは

ブレリアに寄りがちな(12拍目を頭に感じる)コンパスを

ソレア側に引き戻す効果があります。

踊り歌の場合、ソレアに比べると

最初の節が2コンパスある長いタイプの歌が多い印象です。
踊りの歌振りとしては全部で5コンパスとか6コンパスだと

テンポ的に考えて短すぎるんだと思います。

ソレア・ポル・ブレリアの歌のコード進行

ここではオーソドックスなソレアがベースになったものをとりあげます。

 1.一節目でI以外のコードに行くタイプ
| A7      |        |     | Dm,Bb,E7,C  |
| (Dm) (C)  Bb|        |        | A7    |(この段が無い場合もある)
—–コンテスタシオン(レマーテ)0~2コンパス—–
| A7     |         |     | Dm,Bb,E7,C |(この段が無い場合もある)
| (Dm) (C)  Bb|        |        | A7     |(この段が無い場合もある)
(エストリビージョ、サビ部分)
| (A7)    C7 |         |     | F       |
| (Dm) (C)  Bb|       |        | A7     |
| (A7)    C7 |        |      | F        |
| (Dm) (C)  Bb|       |        | A7     |
2.一節目がIで留まるタイプ
| A7      |         |Bb   | A7   |
| (Dm) (C)  Bb|        |        | A7    |(この段が無い場合もある)
—–コンテスタシオン(レマーテ)0~2コンパス——
| A7      |         |Bb   | A7   |(この段が無い場合もある)

| (Dm) (C)  Bb|        |        | A7    |(この段が無い場合もある)

(エストリビージョ、サビ部分)
| (A7)   C7 |      |   | F    |
| (Dm) (C)  Bb|      |       | A7    |
| (A7)   C7 |       |     | F      |
| (Dm) (C)  Bb|      |       | A7    |
ソレアに比べてコンパス数、コード進行ともに変化が多いですが
踊り歌の場合
コンテスタシオン1コンパス入れて7コンパスか9コンパス
というソレアと同様のサイズが標準的です。
なお、上記のソレアベースのもの以外に
ブレリアの歌をソレポル化したようなものもあります。
そういう歌も入れると相当数のバリエーションがあります。
 

踊りの最後に付くブレリアについて

踊りの最後につくブレリアの部分は

最初にソレアベースのブレリアが歌われる場合が多いですが

そうしなければならないわけではなく

違うパターンのブレリアが来ることもあります。

ハケ歌は最初にbIIIに行ったり、メジャーの同主調に転調して

明るく軽快に終わる場合も多いです。
この部分に関してはソレアも同様です。

スポンサーリンク

ソレア・ポル・ブレリアでのコードワーク

ギターソロや、伴奏でもファルセータ部分は

モダンな印象を強調したコードワークが多いです。

歌部分も伝統的なポル・メディオのコード使いを基本にしつつ

比較的挑戦的なコードワークも多めです。

ポル・メディオのコードボイシング

ソレポルのほか

ブレリア、シギリージャ、タンゴ、ティエントなどがポルメディオで演奏されますが

このキーはベース音をルートで出してしまうと

6弦が使えなかったりして重さや厚みが無くなってしまいます。

なのでポルメディオでは習慣的に

ベース音をルート以外の音に組み換えて演奏します。

A7(onG)~フラメンコ音楽論08で解説済

Bb6(onG)~フラメンコ音楽論08で解説済

Bb7(onAb)~フラメンコ音楽論08で解説済

Bb9(onF)~フラメンコ音楽論08で解説済のものに6弦F音を加えたもの

C9(onG)~一般的なC9に6弦のG音を加えたもの

Dm(onF)~一般的なオープンDmに5弦A音と6弦F音を加えたもの

などです。
重さが欲しいときや、

ラスゲアードなどで全弦鳴らすときはこういうオンコードを使います。

ソレアポルブレリアでよく使うギターの慣用句

・マルカールや伴奏パターンの定番進行

Bb→C→Bb→A

ソレアと同じIVmやbVIを含んだ慣用句進行も使いますが、
ポルメディオのソレポルでは

bIIとbIIIを組み合わせて伴奏することのほうが多いです。
適宜、上で解説したベース音組み換えコードを使っていきます。

・3フレット半セーハでトップノートを動かしてメロディーをつける動き

5弦解放をならしながらやったりするので

Bb系のコードトーンとA音がぶつかって微妙な響きになります。

・Bbコードの2弦3弦だけおさえて4弦以下でベースラインをつけていくフレージング

アルペジオやアルサプアと組み合わせます。

上記はブレリア、シギリージャ、タンゴなどと共通の慣用句です。

そのほか、半音ぶつかり系のボイシングを多用しますが、
詳しくはフラメンコ音楽論08のポルメディオの各項目を参照ください。
スポンサーリンク

関連リンク

フラメンコ音楽論09~ソレア(SOLEA)

フラメンコ音楽論11~カンティーニャス・アレグリアス

コメント