ブログとWebsiteを統合しました。このブログはリンクフリーです。(2019年9月26日更新)

2拍子系形式の分類とタンゴ(Tango)【フラメンコ音楽論24】

今まで、12拍子系、変拍子系、3拍子系、リブレ系、とやってきました。
これらはすべて3拍子の感覚がベースになっています。

フラメンコの音楽は元々三拍子系の感覚で生み出されたもので、現在でも半分以上は三拍子系の形式なんですが、世界的にスタンダードな感覚である2拍子・4拍子系のリズムのフラメンコ形式も存在します。

これから2拍子がベースになった形式を解説していきます。

フラメンコの2拍子系形式の歴史

フラメンコの歴史をおさらいすると
①トナ

②シギリージャ系とソレア系に分化

③民謡も取り入れつつ基本的なバリエーションが成立

④カフェカンタンテの時代からその後の発展期で現在の主要形式が揃う

このうち③のあたりではすでに2拍子のカンテ=タンゴ・フラメンコは歌われていたようです。

二拍子系形式の大分類

フラメンコの2拍子系形式は大別すると3種類です。

  • タンゴ系
    ヒターノの間でカンテ・フラメンコとして歌われて発展してきた形式です。今回紹介するタンゴ形式が原形ですが、バリエーションとして、ティエント、タンゴ・デ・マラガ、タンギージョなどがあります。
  • 北部起源系
    スペイン北部のガリシアあたりの民謡のリズムがフラメンコに取り入れられたものです。このリズムをもつものは、ガロティン、ファルーカ、タラントなど。
  • 逆輸入系、その他
    その他の系統です。逆輸入系だとルンバコロンビアーナ。その他はアラブ系音楽風味のサンブラなど。

今回はまずはタンゴ系の基礎になっているタンゴ形式を解説します。

タンゴ形式概要

単数形 Tango
複数形 Tangos

タンゴはブラメンコの2拍子系形式の大元になっている形式です。

タンゴというと、アルゼンチン・タンゴをイメージされるかたが多いと思うんですが、フラメンコのタンゴ形式はまた別のものです。

フラメンコのタンゴの起源はよくわかっていないんですが、南米からの引き上げ移民によって港町カディスに伝えられた2拍子の音楽が起源という説が有力です。

そうだとすると、タンゴも『逆輸入系』形式ということになり、アルゼンチンタンゴとの関連もありそうですよね。

タンゴの調性

タンゴは主にポル・メディオで演奏されますが、ポル・アリーバ、ポル・タラントなどで演奏される場合もあります。

また、タンゴ・デ・マラガタンゴ・デ・トリアーナなど、マイナーキー・メジャーキーで歌われる場合もあります。

実際の演奏は1曲の中で色んな調性の歌が入ってきます。

  • ポル・メディオならAマイナーやAメジャー
  • ポル・アリーバならEマイナーやEメジャー

これらのキーが混合されるので、歌をよく聴いておかなくてはなりません。

ポル・メディオの場合、カポタストの位置はブレリアなどと同じくらいで
女性~4カポ(実音C♯スパニッシュ)
男性~カポ無し(Aスパニッシュ)
あたりになります。

タンゴのコンパス

2拍子ですが8拍または4拍で進行するので実質4拍子です。

8拍で1コンパスですが、メディオ・コンパスも多用されるので4拍でとったほうが楽です。

ベースがスタンダードなリズムである4拍子なので様々なリズムバリエーションが展開できますが、基本はバックビート(2拍目、4拍目)が強い4拍子です。

締めくくりの拍は1コンパスを8拍で数えると7拍目で、ジャマーダも7拍目で止まるのが基本です。

スタンダードなタンゴのテンポは130~180BPMくらいです。

通常コンパス
1 ② 3 ④ | 5 ⑥ 7 ⑧ |

締めくくり(7拍目)が入るコンパス
1 ② 3 ④ | 5 ⑥ ⑦ (8)|

タンゴとルンバの関係

とくにモデルノ系の歌のCDだと、形式名タンゴになっているけど、ルンバのコンパスと曖昧なノリが多いですよね。

ルンバのコンパスもタンゴのバリエーションというふうにも考えられるし厳密に分けられるものでなく、タンゴの語法の歌を歌っていれば、リズムがルンバっぽくても形式はタンゴということになります。

自分はこういうものを『タンゴルンバ』と呼んでますが、テンポはスタンダードなタンゴより速くて180~230BPMくらいになります。
またルンバをやるとき詳しくやります。

タンゴのマルカール

タンゴのマルカール部分は原則8拍で1コンパスになります。

コードはB♭、Aの2コードが基本で、たまに変化をつけるのにCやGm7を代理で入れるくらいです。

コードの変わり目も4拍で変わるので非常にわかりやすいです。

タンゴの代表的な歌

タンゴの歌はスタンダードな基本形がいくつかありますが、ソレアほど決まったパターンはありません。

一番よくあるパターンは
前半→B♭とA
後半→DmやCからの下降進行・五度進行
こういう感じですね。

タンゴの歌には多くの地方バリエーションがあります。
カディス、セビージャ(トリアーナ)、ヘレス、マラガ、グラナダなどが中心地になって発展しましたが、ここでは最もポピュラーな
タンゴ・デ・トリアーナ
タンゴ・デ・カディス
タンゴ・デ・グラナダ
タンゴス・エストレメーニョス
の4種を解説いたします。

なお、タンゴ・デ・マラガに関しては、独自のスタイルがあるので別形式としてとり上げます。

タンゴ・デ・トリアーナ

単数形 Tango de Triana
複数形 Tangos de Triana

タンゴ・デ・マラガに似たAマイナー/Aメジャー混合調で歌われるものと、スタンダードなポル・メディオで歌われるものがあります。

ティエントの後歌によく歌われる
Triana Triana
que bonita esta Triana
で始まる有名な歌がありますが、これはスタンダードなポル・メディオのものです。

五度進行が特徴でティエントにも同じ進行の歌があります。
このコード進行を1段1コンパス=8拍で書きます。
コードネームひとつが4拍です。

B♭ A
B♭ A

コンテスタシオン(無い場合もある)

A Dm(E7に行く場合もある)
G7 C
C7 F
B♭ A
C7 F
B♭ A

ディグリー(度数)表記版

♭Ⅱ Ⅰ
♭Ⅱ Ⅰ

コンテスタシオン(無い場合もある)

Ⅰ Ⅳm(Ⅴ7に行く場合もある)
♭Ⅶ7 ♭Ⅲ
♭Ⅲ7 ♭Ⅵ
♭Ⅱ Ⅰ
♭Ⅲ7 ♭Ⅵ
♭Ⅱ Ⅰ

もう一つのマイナー・メジャー混合調のものは、ミゲル・ポベーダなどがよく歌っていますよね。

スペイン本国でタンゴ・デ・トリアーナというとマイナー・メジャー混合調のもののほうが主流のようです。

マイナー/メジャー混合型はタンゴ・デ・マラガに近く、伴奏もタンゴ・デ・マラガに準じた形になります。
またタンゴ・デ・マラガのとき詳しくやる予定です。

タンゴ・デ・カディス

単数形 Tango de Cadiz
複数形 Tangos de Cadiz

上のほうで書いた通り、一説によるとタンゴ・フラメンコ発祥の地はカディスだといいます。

カディスのタンゴはティエントの元ネタになったもので、主にポル・メディオで演奏されます。

Dmコードからの下降進行または五度進行を多用するのが特徴で、前述したタンゴ・デ・トリアーナのポル・メディオで演奏するタイプのものとほぼ同様のメロディーラインです。

コード進行は上で書いたタンゴ・デ・トリアーナ(ポル・メディオ)のものと同一の歌が多数あります。

タンゴ・フラメンコのカディス発祥説をとるならば、カディスでまず原形が作られ、それがセビージャに伝わってアレンジされたものがタンゴ・デ・トリアーナ。

タンゴ・デ・トリアーナのうち、メジャー・マイナーキーで歌われるものがマラガで発展してタンゴ・デ・マラガに。

一方で、原形に近い形でグラナダで歌い継がれたのがタンゴ・デ・グラナダ、ということになりそうです。

タンゴ・デ・グラナダ

単数形 Tango de Granada
複数形 Tangos de Granada

タンゴ・デ・グラナダも色んな歌があるんですが、最も基本的なものの進行をあげておきます。

これはタラントの後歌につく場合が多いです。
タラントにつく場合はF♯スパニッシュに移調します。
コードネームひとつが4拍、1段で1コンパスです。

B♭ B♭(A)
B♭ A

コンテスタシオン(無い場合もある)

B♭ B♭(A)
B♭ A

B♭ C
B♭ A
B♭ C
B♭ A

※6段目・8段目のB♭→CのところはG7→Cとか、C7→Fで弾かれることもある。

ディグリー(度数)表記版

♭Ⅱ ♭Ⅱ(Ⅰ)
♭Ⅱ Ⅰ

コンテスタシオン(無い場合もある)

♭Ⅱ ♭Ⅱ(Ⅰ)
♭Ⅱ Ⅰ

♭Ⅱ ♭Ⅲ
♭Ⅱ Ⅰ
♭Ⅱ ♭Ⅲ
♭Ⅱ Ⅰ

タンゴ・デ・グラナダのエストリビージョには
Dm C B♭ A(Ⅳm ♭Ⅲ ♭Ⅱ Ⅰ)または
B♭ C B♭ A(♭Ⅱ ♭Ⅲ ♭Ⅱ Ⅰ)
という進行の締め歌が追加されることが多いです。

タンゴス・エストレメーニョス

複数形 Tangos Extremeños
この形式は複数形の呼称が一般的です。

タンゴ・デ・エストレマドゥーラ(Tango de Extremadura)
タンゴス・デ・エストレマドゥーラ(Tangos de Extremadura)ともいいます。

エストレマドゥーラというと、ブレリアの解説のときに関連形式として紹介した『ハレオス(Jaleos)』がありますよね?ハレオス紹介記事

エストレマドゥーラ地方では民謡がフラメンコ化して歌い継がれていますが、これをブレリアにのせて歌ったのが『ハレオス』、タンゴにのせて歌ったものが『タンゴス・エストレメーニョス』ということになります。
したがって、歌のラインもハレオスとの共通点が多いです。

タンゴス・エストレメーニョスはコード進行的には5度進行が多用されます。
Dm→G7→C→F→B♭
Ⅳm→♭Ⅶ7→♭Ⅲ→♭Ⅵ→♭Ⅱ

というような進行で、Dmから入ることもあれば、途中のG7、C7、F7といったコードから入ることもあります。

5度進行以外だとスタンダードなタンゴと同じようにB♭から入ってAとかCに順次進行する場合もあるし、A→B♭→Cのようにコードが上行する場合もあります。

そして、歌が一巡してⅠコード(ポルメディオならA)に落ちた後に、大抵もう一回エストリビージョが来て締めくくります。

タンゴス・エストレメーニョスはメディオ・コンパスで伸縮

タンゴス・エストレメーニョスのもう一つの特徴ですが、基本的にメディオ・コンパスで演奏します。

歌い手は各セクションごとに自由に伸縮させながら歌いますが、4拍単位での伸縮になります。

ちなみにハレオスならこれが6拍単位に変わるだけです。

このように、サイズやコード進行はかなり不定形なんですが、歌のラインは明快で分かりやすいので、代表的な歌のラインをおぼえてしまえば伴奏はそれほど難しくはありません。

タンゴス・エストレメーニョス、ハレオスやファンダンゴ・アバンドラオ、タラントなどの伸縮系の歌が入るときは、歌の音程と歌詞をよく聴きながら演奏する必要があります。
これはギターだけでなく踊りも同様です。

フラメンコ音楽論 前回

カンテ・レバンテ(タランタ、ミネーラなど)【フラメンコ音楽論23】
フラメンコ音楽論 第23回です。前回やった自由リズムのファンダンゴの一種ですが、他のファンダンゴと雰囲気が違う『カンテ・レバンテ』と呼ばれる形式群を紹介します。

フラメンコ音楽論 次回

ティエント(Tiento)【フラメンコ音楽論25】
フラメンコ音楽論 第25回は独特のタメの効いたコンパスが特徴のティエント形式です。『タメ』の解析、踊り伴奏時の倍速テンポへの切り替えについても書いています。

コメント