フラメンコ音楽論

フラメンコ音楽論フラメンコ音楽論

フラメンコの音楽は独自のルールで成り立っている部分が多いため、他のジャンルの音楽の専門家ですら理解が難しいものです。この連載は様々な角度からフラメンコの音楽を分析していきます。

フラメンコ音楽論

楽譜の活用法【フラメンコ音楽論46】

今回は楽譜の活用方法について考えます。フラメンコの音楽は独自のフォーマットなので、フラメンコ奏者と他ジャンルの楽器奏者が共演する場合、伝達手段が課題となります。
フラメンコ音楽論

パルマのリズムパターン【フラメンコ音楽論45】

フラメンコ音楽論 第44回はフラメンコのアンサンブルで鍵になるパルマ(手拍子)のリズムパターンを『コンパス=サイクル理論』を用いて解析します。
フラメンコ音楽論

フラメンコのリズムのニュアンスとアンサンブル【フラメンコ音楽論44】

フラメンコ音楽論 第44回は、フラメンコのリズムが持つ独特のニュアンスや、フラメンコのリズムアンサンブルの方法について解説します。
スポンサーリンク
フラメンコ音楽論

シギリージャ系サイクル【フラメンコ音楽論43】

前回までで『コンパス=サイクル理論』のうち、4サイクルと6サイクルを解説しましたが、今回は別枠扱いにしたシギリージャ系のサイクルについて解説します。
フラメンコ音楽論

6サイクルコンパス【フラメンコ音楽論42】

今、フラメンコ音楽論では『コンパス=サイクル理論』を解説中ですが、今回はフラメンコを演奏する上で最も重要かつ、鬼門となりやすい6サイクルのとりかたです。
フラメンコ音楽論

4サイクルコンパス【フラメンコ音楽論41】

フラメンコ音楽論 第41回です。前回『コンパス=サイクル理論』の概要を解説しましたが、今回はその中の『4サイクル』のリズムサイクルをやります。
フラメンコ音楽論

コンパス=サイクル理論【フラメンコ音楽論40】

フラメンコ音楽論は今回から新展開。これから、フラメンコを演奏する上で最も難しい部分である『コンパス』を独自の『コンパス=サイクル理論』を用いて攻略していきます。
フラメンコ音楽論

フラメンコの進化【フラメンコ音楽論39】

フラメンコ音楽論では直近数回に渡って現代のアーティスト紹介をしてきましたが、彼らが担ってきた新しいフラメンコの実態、フラメンコの進化の方向性を考察します。
フラメンコ音楽論

フラメンコ・ポップとフラメンコ・フュージョン~バンド・プロデューサー編【フラメンコ音楽論38】

フラメンコ音楽論 第38回は、フラメンコポップ・フュージョンのアーティスト紹介後編として、グループ形態アーティストとフラメンコ系音楽プロデューサーの紹介です。
フラメンコ音楽論

フラメンコ・ポップとフラメンコ・フュージョン~ソロアーティスト編【フラメンコ音楽論37】

フラメンコ音楽論 第37回講座は、新しく成立したフラメンコ周辺ジャンルのアーティストを紹介します。今回はソロ名義のアーティストと、ギター以外の楽器奏者です。
フラメンコ音楽論

現役世代の踊り手【フラメンコ音楽論36】

フラメンコ音楽論 第36回は『フラメンコ音楽現代史その5』。現役世代の踊り手の紹介です。フラメンコの踊りは打楽器の役割も兼ねていて、音楽と密接な関係があります。