フラメンコ音楽論

フラメンコ音楽論 フラメンコ音楽論
スポンサーリンク
フラメンコ音楽論

ダンゴ・デ・マラガ(Tango de Malaga)【フラメンコ音楽論26】

今回の講座は港町マラガのタンゴであるタンゴ・デ・マラガです。 タンゴ・デ・マラガはマイナーキーを基調に演奏されるのが特徴です。 タンゴ・デ・マラガ形式概要 単数形~Tango de Malaga 複数形~Tangos de Ma...
2019.08.18
フラメンコ音楽論

ティエント(Tiento)【フラメンコ音楽論25】

前回、二拍子系形式の基本としてタンゴをやりました。 今回はタンゴを独特のタメをつけて歌われるティエント形式をご紹介いたします。 ティエント形式概要 単数形~Tiento 複数形~Tientos ティエントはタンゴをゆっくり演奏...
2019.08.18
フラメンコ音楽論

二拍子系形式の分類とタンゴ(Tango)【フラメンコ音楽論24】

今まで、12拍子系、変拍子系、3拍子系、リブレ系、とやってきました。 これらはすべて3拍子の感覚がベースになっています。 フラメンコの音楽は元々三拍子系の感覚で生み出されたもので、現在でも半分以上は三拍子系の形式なんですが、世界的に...
2019.08.18
スポンサーリンク
フラメンコ音楽論

フラメンコ音楽論23~カンテ・レバンテ(タランタ、ミネーラなど)

自由リズムのファンダンゴの中で ちょっと他の歌と毛色が違う形式群があります。 アンダルシア東部のアルメリアや 隣接地域のムルシア、カルタヘナといった地方で発展してきた カンテ・レバンテ(鉱山の歌)と呼ばれる形式群です。 カンテ...
2019.08.18
フラメンコ音楽論

フラメンコ音楽論22~自由リズムのファンダンゴ(マラゲーニャ、グラナイーナなど)

ファンダンゴはもともと三拍子の民謡ですが フラメンコに取り入れられて以降 カンテの技巧を聴かせるために リズムを崩して歌われるようになります。 自由リズム(リブレ)のファンダンゴの概要 ファンダンゴ・デ・ウェルバやファンダンゴ・ア...
2019.08.18
フラメンコ音楽論

フラメンコ音楽論21~ファンダンゴ・アバンドラオ

フラメンコの3拍子形式として ファンダンゴ・デ・ウェルバと セビジャーナスに使用されているコンパスをやりましたが ファンダンゴ系にはもうひとつ代表的なリズムパターンがあります。 『アバンドラオ』とカテゴライズされるものです。 ...
2019.08.18
フラメンコ音楽論

フラメンコ音楽論20~セビジャーナス(Sevillanas)

前回はファンダンゴ系の基本形式として ファンダンゴ・デ・ウェルバをやりました。 今回は歌としてはファンダンゴ系から一旦外れますが、 ファンダンゴ・デ・ウェルバに類似したコンパスをもつ 『セビジャーナス』を扱います。 セビジャーナス...
2019.08.18
フラメンコ音楽論

フラメンコ音楽論19~ファンダンゴ系曲種の基本とファンダンゴ・デ・ウェルバ

今回からファンダンゴを中心とした3拍子系の曲種に入りますが この系統も12拍子に負けず劣らず 広く深いものがあります。 ファンダンゴ系形式の分類 ファンダンゴはもともと アンダルシア地方の民謡ですが かなり初期の段階からフラメン...
2019.08.18
フラメンコ音楽論

フラメンコ音楽論18~シギリージャ(Siguiriya)とその関連形式

今回は変拍子系形式解説のメインイベントというべき シギリージャとその関連形式をご紹介いたします。 シギリージャ形式概要 単数形Siguiriya 複数形Siguiriyas シギリージャ系の歌はフラメンコ形式のなかでも最も古い...
2019.08.18
フラメンコ音楽論

フラメンコ音楽論17~ペテネーラ(Petenera)

前回から変拍子系コンパスの形式の研究に入って まず3.3.2.2.2型のコンパスと その代表形式であるグアヒーラの解説をしました。 今回は3.3.2.2.2型のコンパスをもつ形式をもう一つご紹介しておきます。 踊りの形式としては...
2019.08.18
スポンサーリンク